【園田】岩田康誠、小牧太【大井】内田博幸、戸崎圭太

次の競馬の騎手を、中央競馬
移籍以前に所属した競馬場ごとに
グループ分けしなさい
【笠松競馬場】柴山雄一
【園田競馬場】岩田康誠、小牧太
【大井競馬場】内田博幸、戸崎圭太
【福山競馬場】岡田祥嗣
60%

柴山 雄一(しばやま ゆういち、1978年2月19日 – )は、日本中央競馬会美浦トレーニングセンター所属の騎手。

笠松時代[編集]
1998年にデビュー。兄弟子に当たるのは安藤光彰。デビューの年には体重オーバーによりレース直前の騎乗変更を6回させられている。この時、本人曰く「本当に騎手をクビになりかかっていた」が、師匠の飯干秀人調教師による主催者への懸命の説得でそれを免れた。

これ以後、騎手としての自覚が高まり、2004年には笠松競馬リーディング第4位となるなど若手のホープとして活躍するようになった。2004年に同じ笠松競馬出身の安藤勝己の勧めもあり、JRAの騎手免許試験を受験する。

地方競馬騎手に対しては、中央競馬にて5年間で年間20勝以上を2回クリアすると一次試験の筆記試験が免除され二次試験から受験可能である特例が設けられていたが、柴山はこれに該当せず(柴山のそれまでの中央競馬での成績はわずか2勝であったため)、一次試験からの受験となった。それでも猛勉強の末に見事試験に一発合格。笠松競馬からは安藤勝己に続く2人目の、地方競馬出身者としては前年の小牧太、赤木高太郎に続く4人目の移籍騎手となった。地方通算成績3240戦393勝(JRA72戦2勝)。
引用元:柴山雄一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E5%B1%B1%E9%9B%84%E4%B8%80

岩田 康誠(いわた やすなり、1974年3月12日 – )は、日本中央競馬会 (JRA) 所属の騎手。1991年10月から2006年2月までは、兵庫県競馬組合の清水正人厩舎に所属していた。

来歴[編集]
兵庫県競馬所属時代[編集]

地方競馬教養センター長期騎手課程54期で、1991年に騎手デビュー[2]。同期には、山田信大(新潟→船橋、現調教師)などがいる[3]。

1990年代後半から小牧太のJRA移籍まで、「園田の2本柱」と呼ばれていた[4]。2000年には前年まで8年連続でリーディングジョッキーとなっていた小牧を上回り、初めて兵庫リーディングジョッキーとなった[4]。以後2002年、2004年、2005年に兵庫のリーディングを獲得している。

NARグランプリでは1996、1997、2002で優秀騎手賞を、2005で特別賞を受賞している[5][6]。

2006年に中央競馬へ移籍するまでに地方競馬で2941勝をあげた[7]。
引用元:岩田康誠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E7%94%B0%E5%BA%B7%E8%AA%A0

内田 博幸(うちだ ひろゆき、1970年7月26日 – )は日本中央競馬会 (JRA) の騎手。

福岡県三潴郡三潴町(現・久留米市)出身。妻は元フリーアナウンサーの鈴木文子[3]。兄の内田秀一も佐賀、川崎に所属し通算527勝を挙げた元騎手で、元プロサッカー選手の内田智也は従弟にあたる。

地方競馬時代には大井競馬場の荒井隆厩舎に所属。2008年にJRAに移籍。移籍時から美浦トレーニングセンターの嶋田潤厩舎に所属し、2011年5月1日付けでフリーとなる。

地方時代の勝負服の柄は胴青・赤山形一文字・袖白(詳細は後述)。

2008年、すでに中央競馬で2年連続20勝を達成していたため1次試験を免除され、2月上旬に行われた2次試験を受験して合格。3月1日付で日本中央競馬会所属騎手となった。地方競馬全国協会の騎手として最後の大井競馬場での騎乗となった2月22日には壮行会が行われ[10]、地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗地となった川崎競馬場では2月27日に「内田博幸騎手を送る会」が行われた。地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗レースは同日のエンプレス杯となり(ラピッドオレンジに騎乗して6着)、中央移籍までに地方競馬通算17680戦3153勝の成績を残した。
引用元:内田博幸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E5%8D%9A%E5%B9%B8