1903三冠【ミドル級、ヘビー級、ライトヘビー級】

ミドル級出身の世界ヘビー級王座
40歳で世界ライトヘビー級王者に
イギリスの元プロボクサー
史上初の3階級制覇を達成
ボブ・フィッシモンズ(答)
フロイド・パターソン
アーチー・ムーア
エザード・チャールズ
26%


ヘルシンキ五輪で金メダル
1956年に世界ヘビー級王座を獲得
ヨハンソンに勝利し王座を奪還
ソニー・リストンに敗れ王座陥落
フロイド・パターソン(答)

マルシアノの最後の対戦相手
愛称は「不死身のマングース」
39歳で世界ライトヘビー級王者に
9度防衛し49歳まで王座に君臨
アーチー・ムーア(答)

ボブ・フィッシモンズ(Bob Fitzsimmons、1863年5月26日 – 1917年10月22日)は、イギリスの元男子プロボクサー。本名はロバート・ジェームス・フィッシモンズ(Robert James Fitzsimmons)。世界ミドル級、ライトヘビー級、ヘビー級の3階級で王座を獲得した、史上初の3階級制覇王者。なお、王座獲得の順番はミドル級、ヘビー級、ライトヘビー級となっている。また、「ソーラー・プレキサス・ブロー」と呼ばれる即効性ボディブローの発案者とされている。

全身に広がっていたそばかすから「ルビー」のニックネームが付けられた[1]。
引用元:ボブ・フィッシモンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA

Robert James “Bob” Fitzsimmons (26 May 1863 – 22 October 1917) was a British professional boxer who was the sport’s first three-division world champion.[1][2] He also achieved fame for beating Gentleman Jim Corbett (the man who beat John L. Sullivan), and he is in The Guinness Book of World Records as the lightest heavyweight champion.[3] Nicknamed “Ruby Robert” and “The Freckled Wonder”, he took pride in his lack of scars and appeared in the ring wearing heavy woollen underwear to conceal the disparity between his trunk and leg-development.

Considered one of the hardest punchers in boxing history,[4] Fitzsimmons is ranked as No. 8 on The Ring magazine’s list of 100 greatest punchers of all time.

Winning the Light Heavyweight title
In November 1903, Fitzsimmons made history by defeating World Light Heavyweight Champion George Gardiner (also known as Gardner) by a decision in 20 rounds,[25][16] becoming the first boxer to win titles in three weight-divisions.[2]

Soon afterward, he went back to the Heavyweights, where he kept fighting until 1914, with mixed results. In 1907 at age 44, Fitzsimmons fought much younger Jack Johnson, during the time period in which reigning champion James J. Jeffries refused to fight Johnson. The bout between Johnson and Fitzsimmons ended in victory for Johnson with a second round knockout.[26]
引用元:Bob Fitzsimmons – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Bob_Fitzsimmons

フロイド・パターソン(Floyd Patterson、1935年1月4日 – 2006年5月11日)は、アメリカ合衆国の男性プロボクサー。ノースカロライナ州出身。元世界ヘビー級王者。

強靭かつ柔軟な下半身のバネを効かせた、ガゼルパンチと呼ばれる必殺ブローの発案者でもある。日本の漫画、『はじめの一歩』の主人公である幕之内一歩の必殺技の一つであるガゼルパンチの由来は、このフロイド・パターソンが実際に使っていた技からきている。

ヘビー級としては小柄だったが、それを活かしたピーカブー・スタイルから放たれるパンチの切れは抜群で、1960年にインゲマル・ヨハンソンを左フック一撃で失神させた試合は、今もファンの語り草となっている。

21歳11か月でのヘビー級王座獲得の記録はマイク・タイソンに破られるまでの最年少記録であった。なお、この両ボクサーのトレーナーは奇しくも同じカス・ダマトである。

なお、元WBC世界スーパーバンタム級&IBF世界スーパーフェザー級の2階級王者トレイシー・ハリス・パターソンは養子。

来歴[編集]
1952年6月、ヘルシンキオリンピックで金メダル獲得。9月12日、プロデビュー。
引用元:フロイド・パターソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

アーチー・ムーア(Archie Moore、1916年12月13日 – 1998年12月9日)は、アメリカ合衆国のプロボクサー。ミシシッピ州ベノイト出身。

全国ボクシング協会(NBA、現在のWBA)認定の元世界ライトヘビー級チャンピオンで、クロスアームブロックの使い手として有名。

また大変に選手寿命の長いボクサーであり、純粋なボクサー相手の最後の試合となったカシアス・クレイ戦は1962年、ムーア45歳の時であった。この時期にアメリカ遠征中のジャイアント馬場と異種格闘技戦を戦っている(漫画「プロレススーパースター列伝」でもアントニオ猪木のアメリカ遠征中の対戦相手として登場する)。
引用元:アーチー・ムーア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2

エザード・チャールズ(Ezzard Mack Charles、1921年7月7日 – 1975年5月28日)は、アフリカ系アメリカ人のプロボクサー。元世界ヘビー級王者。

来歴[編集]
ジョージア州ローレンスビルで生まれたが、一般にはシンシナティ生まれだと考えられており[1]、「シンシナティ・コブラ」というニックネームを持つ。彼はヘビー級のボクサーとして一般に認知されているが、初期にはライトヘビー級であった。ライトヘビー級ではチャンピオンになったことがないが、リングマガジンでは、彼を史上最強のライトヘビー級ボクサーにランクしている[2]。
引用元:イザード・チャールズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA