【サトゥルヌス】

2018年12月に開催された
JRAのGⅠレース、
ホープフルステークスで
優勝した競走馬は?
ーゥールアサリナト
サートゥルナーリア(答)
40%

サートゥルナーリア(英:Saturnalia[1])は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2018年のホープフルステークス(GI)、2019年の皐月賞(GI)、神戸新聞杯(GII)。馬名の意味は「公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り、母名からの連想」[4]。

2歳(2018年)[編集]
栗東・角居勝彦厩舎に入厩。秋の京都開催でデビューしたGI馬の兄2頭と比べて仕上がりは早く、2018年6月10日の新馬戦(阪神芝1600m)でデビューする。デビュー1週前の追い切りではたまたま併せ馬が重なった他厩舎のGI馬ペルシアンナイトを追走して併入する抜群の動きを見せた。レースではリオンディーズの主戦でもあったミルコ・デムーロが騎乗し、単勝1.1倍の圧倒的人気を集めた。好スタートから好位の内を追走し、最後の直線では窮屈になる場面もあったが、進路が生まれると一瞬で抜け出し、ゴール前はデムーロが手綱を抑えるほどの楽勝でデビュー勝ちを収めた[6]。

2戦目には札幌2歳ステークスが予定されていたが、左前脚の球節に疲れが見られたため回避となった[7]。夏場は休養にあてられ、10月27日の萩ステークスで復帰。最後の直線では持ったままの状態で内から抜け出し、最後まで追われることなく2着ジャミールフエルテに1馬身3/4差をつける大楽勝でデビュー2連勝を飾った[8]。

年内最終戦として、12月28日のGIホープフルステークスに参戦。栗東坂路で行われた最終追い切りでは軽く促された程度でラスト1F11秒9を計測し[9]、当日は単勝1.8倍の支持を集めた。レースでは好スタートから2番手を追走し、4コーナーから直線にかけて内に包まれる場面もあったが、僅かに生まれた隙間を突いて一瞬で抜け出し、ゴールまで一度も鞭を入れられることなく2着アドマイヤジャスタに1馬身半差をつけて優勝。騎乗したミルコ・デムーロは勝利騎手インタビューで「今年一番強い2歳馬です」と絶賛した[10]。
引用元:サートゥルナーリア (競走馬) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2_(%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E9%A6%AC)

ホープフルステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である[4]。

競走名の「ホープフル(Hopeful)」は、英語で「希望に満ちた」「望みを持つ」という意味[5]。

正賞は日本馬主協会連合会会長賞[6]。

概要[編集]
1984年に創設された「ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス(ラジオたんぱはいさんさいひんばステークス)」を前身としている[7]。競走名はその後1991年より「ラジオたんぱ杯3歳ステークス(ラジオたんぱはいさんさいステークス)」、2001年より「ラジオたんぱ杯2歳ステークス(ラジオたんぱはいにさいステークス)」、2006年より「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(ラジオにっけいはいにさいステークス)」と変遷を経てきた[7](後述)。

近年の日本競馬においては2歳馬競走の開始時期の早期化に加え競走距離が多様化しており、特に中距離競走の充実ぶりが顕著になっている[8]ことから、2013年まで阪神競馬場の芝2000mで施行していたGIIIのラジオNIKKEI杯2歳ステークスを2014年より中山競馬場の芝2000mに変更のうえ、2歳中距離路線の頂点となる競走に位置づけてGIIに昇格した[8]。

2017年1月、前年より日本グレード格付け管理委員会、並びにアジアパターン委員会へ行っていた格付昇格の申請が承認され、同年度よりGIとして施行されることになった[4]。これによりJRAにおける2歳馬限定のGI競走は12月に3レースが集中し、しかもすべて芝コースのレースとなった(なお2017年現在、JRAでは2歳馬限定のダート重賞競走は施行していない[注 1])。
引用元:ホープフルステークス (中央競馬) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9_(%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%AB%B6%E9%A6%AC)

サートゥルナーリア祭はサートゥルヌス神を祝した古代ローマの祭である。農神祭とも。12月17日から12月23日まで(ローマ暦およびユリウス暦で)を開催期間としていた。

グレゴリオ暦に換算すると、(紀元前は暦が不安定で単純な換算ができないが)後世と同じ形のユリウス暦で遡れる限界である西暦4年から99年までは12月15日開始、100年から199年までは12月16日開始、200年から299年までは12月17日開始となる。
引用元:サートゥルナーリア祭 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%A5%AD

サトゥルヌス
さとぅるぬす
Sturnus
ローマ神話で、農業の豊饒(ほうじょう)をつかさどる神。その名はエトルリア系と考えられており、ギリシア神話のクロノスと同一視されるが、クロノスのもつ残虐性はこの神には薄い。詩人ウェルギリウスによれば、ゼウスにオリンポスの王座を追われたクロノスが、サトゥルヌスとしてイタリアに来住し、カピトリウムの丘に一市サトゥルニアを築いたとされる。そして田野(でんや)の女神オプス(またはルア)をめとり、その子ピクスがローマ王家の祖となった。またサトゥルヌスは、イタリアに農耕技術を導入して、文明化を進めたとされ、その治世はイタリアの黄金時代とみなされている。神殿はカピトリウムの丘にあり、12月にはクリスマスの一起源かと思われるサトゥルナリア祭が催された。[丹下和彦]
引用元:サトゥルヌスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8C%E3%82%B9-511378

『我が子を食らうサトゥルヌス』(わがこをくらうサトゥルヌス、スペイン語: Saturno devorando a un hijo)は、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画作品で、連作「黒い絵」の一点である。

ローマ神話に登場するサトゥルヌス(ギリシア神話のクロノスに相当)が将来、自分の子に殺されるという予言に恐れを抱き5人の子を次々に呑み込んでいったという伝承をモチーフにしており[1]、自己の破滅に対する恐怖から狂気に取り憑かれ、伝承のように丸呑みするのではなく自分の子を頭からかじり、食い殺す凶行に及ぶ様子がリアリティをもって描かれている。

この絵は後世に修正(黒く塗りつぶされた)されており、オリジナルではサトゥルヌスの陰茎が勃起していた。

本作が描かれたのはゴヤが病により聴覚を失った後、77歳の時であるが、本作より以前には17世紀にオランダの画家ルーベンスが同じ伝承をモチーフとする『我が子を食らうサトゥルヌス』を描いている。
引用元:我が子を食らうサトゥルヌス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%91%E3%81%8C%E5%AD%90%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%82%89%E3%81%86%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8C%E3%82%B9

『我が子を食らうサトゥルヌス』(西: Saturno devorando a un hijo, 英: Saturn Devouring His Son)は、ネーデルランド、バロック期の巨匠ピーテル・パウル・ルーベンスが1636年から1638年にかけて制作した絵画である。油彩。主題はギリシア神話のクロノス神(ローマ神話におけるサトゥルヌス)が女神レアとの間に生まれた子供を呑み込むという有名なエピソードから取られている。ルーベンス最晩年を代表する作品で、スペイン国王フェリペ4世の発注によってエル・パルド山中に建設された狩猟館トゥーレ・デ・ラ・パラーダ(英語版)の装飾のために制作された。現在はマドリードのプラド美術館に所蔵されている。
引用元:我が子を食らうサトゥルヌス (ルーベンス) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%91%E3%81%8C%E5%AD%90%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%82%89%E3%81%86%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8C%E3%82%B9_(%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B9)