【2019インド初】シンドゥ・プサルラ【2017】奥原希望【2011】王儀涵

バドミントン世界選手権
女子シングルスで
2005年と2006年に2連覇を
達成した中国の選手は?
寧謝朱杏
琳張芳力
謝杏芳(答)
8%

スロット
アテネ五輪と北京五輪のバドミントン女子シングルスで2連覇を達成した中国の選手は?
張寧(答)

謝 杏芳(しゃ きょうほう、シェ-・シンファン、Xie Xingfang、1981年1月8日 -)は中華人民共和国の女子バドミントン選手。2005年および2006年世界選手権金メダリスト。2008年北京オリンピック銀メダリスト。夫はオリンピック金メダリストの林丹[2]。

2005年、世界バドミントン選手権大会決勝でアテネオリンピック金メダリストの張寧を2-1(11-8、9-11、11-3)で破り、金メダルを獲得する[3]。翌2006年の世界選手権では連覇を達成し、男子シングルスの林丹と同時に世界チャンピオンとなる。全英オープンでも2005年の初優勝を皮切りに2007年まで3連覇を達成した。

2008年北京オリンピックに出場し、決勝戦で張寧に1-2(12-21、21-10、18-21)で敗れて銀メダルを獲得。翌2009年の世界選手権とアジア選手権で銀メダルを獲得した後、10月の中華人民共和国全国運動会出場を最後に現役を引退[4]。11月、チームメイトの趙婷婷(中国語版)と一緒に上海市で引退式が行われ、その場で中国代表コーチの李永波(中国語版)より功労賞が贈られた。

引退後[編集]
2010年、広州アジア大会では組織委員会ボランティア部の副主任を務めた[5]。12月13日、林丹と広州海珠区民政局を訪れ婚姻届を提出した[2]。
引用元:謝杏芳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AC%9D%E6%9D%8F%E8%8A%B3

張寧(ちょう・ねい、Zhang Ning、1975年5月19日 – )は、中国のバドミントン選手。

その張寧にとって大きな転機が訪れたのは2003年である。この年、張寧はオープン大会を次々に制覇し8月には世界選手権というビッグタイトルを手にした。

そして、2004年のアテネオリンピックで、強敵を次々に撃破し、決勝ではアウディナにファイナルゲームの末に破り、オリンピックチャンピオンをも手にした。これはあたかも10年前の雪辱を果たしたかのようであった。

オリンピックの後、張寧は「もうやり残した事はありません」と言ったが、その後もずっとプレーを続けている。2006年のユーバー杯決勝では第1シングルスとして出場し、再びアウディナを破った。

2008年の北京オリンピックでも決勝で謝杏芳を21-12,10-21,21-18のスコアで破り金メダルを獲得、張寧はオリンピックのシングルスを連覇した初の選手となった。
引用元:張寧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E5%AF%A7

王 儀涵(おう ぎかん、ワン・イーハン、Wang Yihan、1988年1月18日 –)は、中華人民共和国のバドミントン選手。2011年世界選手権女子シングルス金メダリスト。ロンドンオリンピック女子シングルス銀メダリスト。

経歴[編集]
上海市出身。9歳の時にバドミントンを始め、2003年に上海市チーム入り。2005年に中国代表チーム入り。

2006年、ワールドカップで世界選手権金メダリストの謝杏芳を破って優勝。10月の世界ジュニア選手権ではインドのサイナ・ネワールに勝利し、金メダルを獲得。2008年9月にヨネックスオープンジャパンの決勝で香港の周蜜に勝ち、スーパシリーズの大会で初めて優勝する。2009年は3月の全英オープン初優勝、ヨネックスオープンジャパンで2連覇等の好成績を残し、世界ランキングが1位となる[1]。

2011年、ロンドンで行われた世界選手権決勝で台湾の鄭韶婕を破って金メダルを獲得。2012年のロンドンオリンピックでは、決勝で同じ中国の新鋭、李雪芮に1-2(15-21、23-21、17-21)で敗れ、銀メダルを獲得。
引用元:王儀涵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%84%80%E6%B6%B5

李 雪芮 (り せつぜい、リ シュールイ、LI Xuerui、1991年1月14日 – )は中華人民共和国の女子バドミントン選手。自己最高世界ランキングは1位(2012年12月20日付)。ロンドンオリンピック女子シングルス金メダリスト。

2012年は、2月のドイツ・オープンで優勝すると、翌月の全英オープンでBWFスーパーシリーズ初優勝。アジア選手権、インド・オープンも制覇して世界ランクを3位まで急上昇させ、ロンドンオリンピック中国代表に選出された[3]。ロンドンオリンピックでは予選リーグから1ゲームも落とさず決勝に進出。決勝では2011年世界バドミントン選手権大会女王で世界ランク1位の王儀涵を21-15,21-23,21-17で破り金メダルを獲得。

2016年にはリオデジャネイロオリンピックに出場したが、カロリーナ・マリンとの準決勝で左ヒザ前十字靭帯を損傷し、奥原希望との3位決定戦を棄権、4位に終わった。
引用元:李雪ゼイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E9%9B%AA%E3%82%BC%E3%82%A4

シンドゥ・プサルラ(Pusarla Venkata Sindhu、P.V.シンドゥ、1995年7月5日 – )は、インド・ハイデラバード出身の女子バドミントン選手。プサルラ(Pusarla)は姓ではなく父称である。

2012年9月にはわずか17歳でBWF世界ランキングのトップ20に入って国際的な注目を集めた[2]。2013年に中国の広州市で開催された世界選手権では銅メダルを獲得し、世界選手権シングルスでメダルを獲得したインド初の女性バドミントン選手となった。2015年3月にはインドで4番目に高い民間人名誉勲章であるパドマ・シュリ(英語版)を受章している[3]。2016年にブラジルのリオデジャネイロで開催された夏季オリンピックでは銀メダルを獲得し、サイナ・ネワールに次いでオリンピックバドミントン競技でメダルを獲得したインド2番目の選手になるとともに、オリンピックで銀メダルを獲得した初のインド人女性となった。また、オリンピックの個人競技でメダルを獲得したインド最年少の競技者でもある。2017年と2018年の世界選手権では2年連続で準優勝した。2019年世界選手権で優勝し、世界一に輝いた。
引用元:シンドゥ・プサルラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%83%97%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%A9

世界バドミントン選手権大会(Badminton World Championships, BWF World Champonships)はバドミントンの世界個人選手権。

1977年に第1回大会が行われ、3年に1度開催されたが、1983年からは隔年ごとに開催され、現在はオリンピック開催年を除き毎年開催されている。
引用元:世界バドミントン選手権大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A