メスト・「エジル」 ドイツ代表アーセナルMF 元レアル・マドリード

139cnhJPdMGoR
2013年9月にスペインの
レアル・マドリードから
アーセナルに移籍したドイツ
代表MFはメスト・◯◯◯?
ライコ
エメス
イスラ
→エジル
「メスト・エジル」

メスト・エジル(Mesut Özil, 1988年10月15日 – )は、ドイツ・ゲルゼンキルヒェン出身のサッカー選手。ドイツ代表である。アーセナルFC所属。ポジションはMF。トルコ系移民の3世で、両親はともに黒海沿岸のゾングルダク県にルーツを持つ[4] [5]。オジル、エツィルなどとも表記される。
>その後、レアル・マドリードは最後のオファーとして再びオファーを出し、8月17日に移籍金1500万ユーロの6年契約でレアル・マドリードへの移籍が発表された[14]。
>2011年より、背番号を23番から10番に変更[19]。2011-12シーズンは不調や[20]カカの復調もあってベンチスタートも増えたが[21]、最終的にはリーガでは35試合に出場。2012年4月21日のFCバルセロナとのエル・クラシコでクリスティアーノ・ロナウドの決勝点をアシストするなどリーガ最多の17アシストを記録し、レアルの4シーズンぶりの優勝に貢献した[22]。
>2010年6月1日、2010 FIFAワールドカップに出場するドイツ代表メンバーに選出される[25]。
>左足の高いテクニックを持ち、正確なキックと広い視野を生かして2010-11シーズンにはヨーロッパ全体で最多のアシストを記録した[18]。フリーランニングも惜しまずに行うほか[31]得点力もある。 また、ジネディーヌ・ジダンを憧れの人物としており[32]、しばしば比較対象にも挙げられる[33][34]。
U-21ドイツ代表の監督を務めたホルスト・ルベッシュは「ドイツ人は海外の選手を特に賞賛することが多い。我々は、ウェイン・ルーニーやクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシらを讃える。しかし、ドイツにはそういった選手がいる。ドイツのメッシはエジルである」と語った[35]。
引用元: メスト・エジル – Wikipedia.