【ア順】

次の西武ドームに
付けられた略称を
古いものから順に選びなさい
インボイスSEIBUドーム
グッドウィルドーム
西武プリンスドーム
メットライフドーム
42%


2017年3月から使用される
西武プリンスドームの新しい
名称は◯◯◯◯◯◯ドーム?
ットイラフメ
メットライフ(答)
56%
引用元:メットライフドーム | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/33143/

西武ドーム(せいぶドーム)は、日本の埼玉県所沢市[注釈 1]にあるドーム球場である。プロ野球・パシフィック・リーグ(パ・リーグ)の埼玉西武ライオンズが本拠地としている。施設は西武鉄道が所有し、株式会社西武ライオンズが運営管理を行っている(一部の施設運営・管理・警備・清掃業務は協栄などに外部委託)。

当初は屋根が無い西武ライオンズ球場(せいぶライオンズきゅうじょう)だったが、のちに屋根を架設してドーム球場となった。ドーム架設以前は西武球場の通称表記が多用されており、最寄り駅の駅名はドーム架設後も変わらずに西武球場前駅である。

現在はメットライフ生命保険が施設命名権(ネーミングライツ)を取得しており、名称をメットライフドームとしている(詳細は後述)。

命名権[編集]
命名権による名称の変遷
インボイスSEIBUドーム(2005年3月1日 – 2006年12月31日)
グッドウィルドーム(2007年1月1日 – 2008年1月8日)
西武プリンスドーム(2015年3月1日 – 2017年2月28日)
メットライフドーム(2017年3月1日 – 2022年2月28日予定)

インボイスSEIBUドーム[編集]

インボイスSEIBUドーム
西武グループは2004年、経営改善策の一環として西武ドームの施設名称と二軍のチーム名称について命名権(ネーミングライツ)を売却することを決定。取得に名乗りを上げたのは、インターネット関連業のインボイス(以下「インボイス社」)。まず同年12月29日に二軍の命名権を3年契約で取得することに合意し、翌2005年シーズンから球団名を「インボイス」とすることを発表、1月25日にプロ野球実行委員会で承認された。インボイス社は同日、西武ドームの命名権についても2005年シーズンからの2年契約で合意。3月1日から名称を「インボイスSEIBUドーム」(インボイスセイブドーム)に改称した。

グッドウィルドーム[編集]

グッドウィルドーム
西武はインボイス社に代わる命名権の新たな契約先について検討を進めてきたが、2006年12月2日、人材派遣会社のグッドウィル・グループと2007年1月1日からの5年総額25億円(金額は推定)契約に合意。年末までに隣接する西武鉄道の西武球場前駅の誘導看板やドーム看板など変更の準備を進めて、同日から「インボイスSEIBUドーム」を「グッドウィルドーム」に、二軍を「インボイス」から「グッドウィル」に改称した。

西武プリンスドーム[編集]

西武プリンスドーム
2014年12月15日、西武球団は来シーズンの球場命名権をグループ会社の株式会社プリンスホテル[注釈 4]が取得し、球場名を「西武プリンスドーム」に改称することを発表した[16]。契約期間は2015年3月1日から2016年の2月29日までの1年間で、その後も翌年まで自動更新された。契約額は非公表。

メットライフドーム[編集]

メットライフドーム
2017年1月16日にメットライフ生命保険が同年3月から2022年2月末までの5年間の命名権を取得することで合意したと発表した。これにより、球場名を「メットライフドーム」に変更される[17][18]。
引用元:西武ドーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%AD%A6%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0