【7】ミッキー・マントル【8】カル・リプケン【9】レジー・ジャクソン

トニー・オリバ
スティーブ・ガービー
アル・ケーライン
スタン・ミュージアル
背番号「6」が永久欠番(答)
背番号「3」が永久欠番
背番号「1」が永久欠番
背番号「9」が永久欠番
46%


生涯カージナルスだけでプレー
首位打者を7度獲得
背番号「6」は永久欠番
通算安打は3630
スタン・ミュージアル(答)

ボビー・ドーア
リッチ・アッシュバーン
フレッド・ハッチンソン
ビリー・マーチン
背番号「1」が永久欠番(答)

レッド・ショーエンディーンスト
トミー・ラソーダ
チャーリー・ゲーリンジャー
ネリー・フォックス
背番号「2」が永久欠番(答)

デール・マーフィー
アール・アベリル
ビル・テリー
ベーブ・ルース
背番号「3」が永久欠番(答)

ラルフ・カイナー
アール・ウィーバー
メル・オット
ルー・ゲーリッグ
背番号「4」が永久欠番(答)

ジョニー・ベンチ
ジョージ・ブレット
ジェフ・バグウェル
ジョー・ディマジオ
背番号「5」が永久欠番(答)

ウィリー・スタージェル
カール・ヤストレムスキー
ヨギ・ベラ
カル・リプケン
背番号「8」が永久欠番(答)

ロジャー・マリス
ビル・マゼロスキー
テッド・ウィリアムズ
レジー・ジャクソン
背番号「9」が永久欠番(答)

メジャーリーグベースボールの永久欠番(Major League Baseball retired numbers)はメジャーリーグベースボール(MLB)の競技者・関係者などに対して適用される永久欠番について述べる。MLBのチームにとって、多くの背番号は受け継がれ使い回されるものであるが、多大な功績を残した人物の使用した背番号を、その人物の栄誉と栄光の歴史を末永く称えるために、チーム内で欠番として本人しか利用できないようにしたものが永久欠番である。

概要[編集]
背番号の始まりは、1916年のクリーブランド・インディアンスが、選手をより識別しやすくし、スコアカードの販売を増やすために制服に番号を付けたのが始まりとされる。初めて背番号を採用したのは、1929年のニューヨーク・ヤンキースだった。当初の背番号が付ける本人が決めるものではなく打順ごとに番号を割り振っただけだった。そのため、ベーブ・ルースは3番、ルー・ゲーリッグは4番をつけていた。

永久欠番の歴史は1939年7月、ルー・ゲーリッグが使用していた背番号4を欠番としたことに始まる。この年ゲーリッグは不治の病とされていた筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリッグ病)で6月に引退を余儀なくされたが、長年の功績に敬意を表して、彼が病気から復帰するまでチームとして彼の背番号を他の誰にも使わせないという意味で欠番措置にした。そのことに対してゲーリッグは引退後もチームに居続けることができることに歓喜した[注釈 1][1]。

当初はあくまでもゲーリッグのみに対してのみ設けられた措置であったが[注釈 2]、ナショナル・リーグでニューヨーク・ジャイアンツのカール・ハッベルの「11」が永久欠番に指定されたことで徐々にほかのチームも取り入れるようになった。野球は他のスポーツとは違い、監督やコーチもユニフォームを着用するため、監督やコーチも永久欠番の対象になっており、それ以来150人以上の背番号が永久欠番となっている。特に最初に永久欠番を制定したヤンキースでは、2017年のデレク・ジーターの「2」の永久欠番をもって1桁の背番号がすべて永久欠番となっている。一部の人物は複数のチームで欠番になったり、複数の人物がチーム内の同じ番号で顕彰されているケースもある。また、タイ・カッブやクリスティ・マシューソンのような背番号がなかった時代の選手や、背番号を持たないオーナーなどの球団関係者やチームに長年貢献したスポーツキャスターも永久欠番の対象となり、その場合「欠番扱い」として扱われる。

1901年以降では初の黒人選手で[注釈 3]、その後の黒人選手のMLBでのプレーの道を切り開いたジャッキー・ロビンソンの「42」は1972年にロサンゼルス・ドジャースで永久欠番となっていたが、MLBは1997年4月15日にロビンソンのデビュー50周年の記念して「42番」を全球団で永久欠番に制定した[注釈 4]。ただし、制定される以前から42を使っていた選手は、特例として継続して使用することが認められた。MLBで最後に42をつけた選手はヤンキースのマリアノ・リベラで、2013年シーズンを最後に現役引退したことにより欠番の例外となる人物はいなくなった。

上記の「42」を除いて永久欠番の決まり方にリーグの規定はなく、各球団に委ねられている[注釈 5]。
引用元:メジャーリーグベースボールの永久欠番 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B0%B8%E4%B9%85%E6%AC%A0%E7%95%AA

野球界の永久欠番(やきゅうかいのえいきゅうけつばん)では、野球の競技者・関係者などに対して適用される永久欠番について述べる。

概要[編集]
野球界における永久欠番の歴史は1939年、MLBアメリカン・リーグのニューヨーク・ヤンキースでルー・ゲーリッグが使用していた4を欠番としたことに始まる。当時ゲーリッグは、不治の病とされのちに「ルー・ゲーリッグ病」とも呼ばれる筋萎縮性側索硬化症で引退を余儀なくされたが、永久欠番とすることでチームに居続けることができることに歓喜した[注 1]。

当初はあくまでもゲーリッグだけの措置であったが[注 2]、ナショナル・リーグでニューヨーク・ジャイアンツが1944年にカール・ハッベルの11を永久欠番に指定し、ナショナルリーグ初の永久欠番となった事で、徐々に広がり各チームが永久欠番を導入していった。ドジャース、レッドソックス、アスレチックスなど多くチームは、選手のアメリカ野球殿堂入り・チームが定める在籍年数など永久欠番とするための条件を有している。また、選手以外にもファン、オーナー、球場アナウンサーが永久欠番を与えられて顕彰されたり、永久欠番と同様の顕彰を受けているケースもある。

1997年4月15日に20世紀に入ってからは黒人選手として初めてメジャーリーグでプレー[注 3]し、その後の黒人選手がMLBでのプレーできる道を切り開いたジャッキー・ロビンソンを顕彰し、MLBはマイナーリーグを含めたMLB傘下すべてのチームで42をロビンソンの番号として永久欠番に指定した。従来から使っていた選手のみが引退まで継続して使用することを認められ、制定当時は選手・コーチを含めて該当者が20人前後いたが、MLBで最後に42をつけた選手はヤンキースのマリアノ・リベラで、2013年シーズンを最後に現役引退したことにより欠番の例外となる人物はいなくなった。日本のプロ野球で、特に外国人選手が42番を着けることが多いのは、42が「死に」につながり日本人選手が敬遠することが多いためだが、現在ではMLBでは着けることのできない番号だからという理由もある。
引用元:野球界の永久欠番 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%B0%B8%E4%B9%85%E6%AC%A0%E7%95%AA

トニー・ペドロ・オリバ(Tony Pedro Oliva , 1938年7月20日 – )は、キューバ共和国・ピナール・デル・リオ州出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。

愛称は”Tony-O”(トニー・オー)。

MLBオールスターゲームに8年連続で選出され、首位打者を3度獲得した。

1991年7月14日、オリバの現役・コーチを通じてつけていた背番号『6』はツインズ史上3人目の永久欠番に指定された[8]。

2000年にツインズ野球殿堂入りを果たした[9]。
引用元:トニー・オリバ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%90

スティーブン・パトリック・ガービー(Steven Patrick Garvey , 1948年12月22日 – )ことスティーブ・ガービーは、アメリカ合衆国・フロリダ州タンパ出身の元野球選手(内野手)。

178cmとメジャーリーガーの中では小柄ながら、巧守巧打の一塁手として活躍した。

現在は南カリフォルニアで実業家として活躍中。

ドジャース時代の1975年9月3日からパドレス時代の1983年7月29日にかけて、1207試合連続出場を果たす。これは、当時メジャー史上第3位であった(2010年現在では第4位)。

背番号はドジャース、パドレスを通じて『6』をつけており、最後のシーズンを迎えたパドレスで引退の翌1988年4月16日にガービーの在籍時の背番号『6』はパドレス初の永久欠番に指定された。

引退後は「ガービー・コミュニケーションズ」という情報コマーシャル会社を設立。
引用元:スティーブ・ガービー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC

アルバート・ウィリアム・ケーライン(Albert William “Al” Kaline, 1934年12月19日 – )は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア出身の元プロ野球選手(右翼手)。右投げ右打ち。

現役22年間をタイガース一筋で過ごし、”Mr. Tiger”(ミスター・タイガー)と呼ばれた名選手。

引退後[編集]

引退の翌1975年から、2002年までジョージ・ケルらと共にタイガース戦の中継放送に関わり、2002年に退任した後はタイガースの球団特別顧問として、後進の指導を続けている。

1980年に記者投票にてアメリカ野球殿堂にデューク・スナイダーと共に殿堂入りを果たす。同年、殿堂入りを記念して古巣タイガースはケーラインの背番号『6』をタイガース初の永久欠番に指定した。

現本拠地コメリカ・パークにあるケーラインの銅像は外野守備の名手らしく、外野フェンスに寄りながら捕球する姿となっている。
引用元:アル・ケーライン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

スタンリー・フランク・ミュージアル(Stanley Frank “Stan” Musial, 1920年11月21日 – 2013年1月19日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ワシントン郡のプロ野球選手(外野手、一塁手)。愛称は「The Man(男の中の男)」。

現役生活の全てをセントルイス・カージナルスで送り、人格者として知られた。

1958年5月13日には史上8人目となる3,000本安打を達成[7]。シーズン終了後にカージナルスが日米野球で来日した際は、稲尾和久と杉浦忠から本塁打を放っている。また、試合前に長嶋茂雄や山内一弘と写った写真も現存している。

1959年に初めて打率が3割を割り込み、3割以上は16年で途切れる。

1962年は42歳でリーグ3位の打率.330を記録した。

1963年8月12日に今シーズン限りでの引退を表明し、9月25日にミュージアルの背番号6はカージナルス初の永久欠番に指定され[8]、9月29日の試合で引退[7]。引退時に29のリーグ記録、17のメジャー記録、9のオールスター記録を保持していた[4]。
引用元:スタン・ミュージアル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%AB