【ギムレット】ノーリーズン【フライト】エアシャカール

次の日本のダービー馬と
その同期のライバルの
正しい組み合わせを選びなさい
タニノギムレット───ノーリーズン
アグネスフライト───エアシャカール
キングカメハメハ───ハーツクライ
47%


チャンドラーの推理小説で
「ギムレットには早すぎる」
という名セリフが登場するのは
『長いお別れ』ですが
「タフでなければ生きて行けない
優しくなければ生きている
資格がない」という名セリフが
登場するのは?
『大いなる眠り』
『湖中の女』
『長いお別れ』
『プレイバック』(答)
38%

引用元:『プレイバック』If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive.『長いお別れ』”I suppose it’s a bit too early for a gimlet,” | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/2658/

ノーリーズンは日本の元競走馬、種牡馬である。2002年の皐月賞を制した。半弟に2004年のシンザン記念を制したグレイトジャーニーがいる。

2002年[編集]
2002年1月5日に京都競馬場で新馬勝ちする。2戦目の500万下条件戦こぶし賞も勝ち、デビューから2連勝を飾った。3戦目は皐月賞トライアルの若葉ステークスに出走するが7着に敗れ、2着までに与えられる皐月賞の優先出走権を取ることができなかった。皐月賞の出走は抽選待ちとなったが、7分の2の抽選をくぐり抜けて出走がかなった。前走の大敗もあって15番人気となったが、初騎乗となるブレット・ドイルの好騎乗もあり、中団から抜け出して皐月賞を制した。タイムは1分58秒5でナリタブライアンがマークした皐月賞レコードを0.5秒更新するものであった。2着にも8番人気のタイガーカフェが入り、馬連の配当は53,090円という大波乱となった。続く東京優駿(日本ダービー)ではタニノギムレットに続く2番人気となったが、直線の坂で伸びきれず8着に敗れた。レース後、軽い骨折が判明し、休養に入る。
引用元:ノーリーズン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3

エアシャカール(1997年2月26日生~2003年3月13日没)とは、元競走馬。皐月賞、菊花賞を制した二冠馬で、日本ダービーをわずか7cmの差で2着に敗れた、史上もっとも三冠馬近づいた二冠馬、いわゆる準三冠馬である。

森秀行厩舎所属、全盛期の主戦騎手は武豊騎手。

概要
血統構成は 父サンデーサイレンス 母アイドリームドアドリーム 母父Well Decorated。
母は自身は大した馬ではなかったが、近親が大活躍しており、祖母がかつて社台グループがアメリカに築き上げた拠点であったフォンテンブローファームで、場長だった吉田照哉氏が自ら考えた配合で生産し手放した名繁殖牝馬Hidden Trailという縁から輸入され
日本生産馬からエアデジャヴー(父ノーザンテースト、ミスシルバーコレクター)を輩出し、彼がデビューする頃には血統の評価が高まっていた。

デビュー前からエアシャカールは能力の高さが評判になったが、気性の荒さも評判になった。どれくらい評判になったかというと森厩舎の調教助手たちが「今日のエアシャカール担当」をくじ引きで決めるレベル。
デビュー戦は出遅れて5着も、2戦目で勝ち上がり。500万下条件で2着のあとホープフルS(OP)を格上挑戦で勝利をおさめると、いよいよクラシック戦線に駒を進める。

皐月賞トライアル、弥生賞(GII)ではフサイチゼノンの2着。しかし、そのフサイチゼノンが「フサイチゼノン事件」なる騒動で勝手に消えていったり、皐月賞がスタートしたと思ったらラガーレグルスがゲートから出られず競走中止になったりと勝手に消えていく有様であったが、そんな皐月賞ではダイタクリーヴァ差のない2番人気に支持され、外から豪脚で抜け出し、ダイタクリーヴァとの競り合いを制して皐月賞制覇。

次いで日本ダービーでは1番人気。その人気に恥じることなく4コーナーから大外一気のまくりで馬群を抜け出し、二冠達成か、と思わせたところでさらに外から河内騎手騎乗のアグネスフライトが強襲してきた。
「河内の夢か!豊の意地か!どっちだぁー!!」
という名実況と共に2頭並んでゴール。結果は、わずか7cmの差でアグネスフライトに凱歌が上がり、エアシャカールは二冠を逃した。
引用元:エアシャカールとは (エアシャカールとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

ハーツクライ(英: Heart’s Cry 香:真心呼喚)は、日本の元競走馬で現在は種牡馬。

主な勝ち鞍は2005年の有馬記念、2006年のドバイシーマクラシック。日本調教馬で唯一ディープインパクトに先着した競走馬である。父は1995年から12年連続でリーディングサイアーに選出されたサンデーサイレンス、母は1995年の新潟大賞典、新潟記念など中央競馬で9勝を挙げた馬アイリッシュダンス。馬名は母の名より連想してダンスパフォーマンスの『リバーダンス』中の一曲「ザ・ハーツクライ(The Heart’s Cry)」から名付けられた。

3歳[編集]
2004年1月の京都競馬場の3歳新馬戦で武豊を鞍上にデビュー。1番人気に応え難なく勝利し、次のきさらぎ賞では1戦のキャリアながら3着に入り素質の高さを見せる。その後若葉ステークスでスズカマンボとの叩きあいを制し、挑んだ3歳牡馬クラシック第一弾皐月賞はダイワメジャーの14着と大敗。続く京都新聞杯では再びスズカマンボに競り勝ち、迎えた東京優駿(日本ダービー)では直線で大外から追い上げ、3着のハイアーゲームを捕らえるがキングカメハメハのレースレコード勝ちの前に屈し、2着となる。秋になり、再び武豊を背に神戸新聞杯に出走するも3着。キングカメハメハ不在の菊花賞ではダービー2着が評価され1番人気に支持されたが、デルタブルースの7着に終わり、クラシック競走優勝は果たせなかった。その後、3歳馬ながらジャパンカップと有馬記念を連戦するが、ジャパンカップは10着、有馬記念は9着に敗れている。
引用元:ハーツクライ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4