【コチョク】九老区高尺洞

2015年11月にソウル市九老区
に正式オープンした
韓国初のドーム型野球場は
「◯◯スカイドーム」?
天創
高雄
大界
高尺
31%

高尺スカイドーム(コチョク・スカイドーム、韓: 고척스카이돔)は、韓国の首都ソウル特別市の九老区に所在するドーム球場である。

概要[編集]
本球場は韓国が初めて建設に踏み切ったドーム球場である。2009年着工から6年間を費やして建設されたもので、総工費は1948億ウォン。

元々は2007年に閉鎖された東大門野球場の代わりとして一般的な野外球場として計画された。しかし、この周辺にはマンションが多数建設されており[1]、住民から騒音や照明公害に関して苦情が出た。すると、ソウル市は半分だけ屋根で覆われたハーフドーム球場に計画を変更した。そして、韓国代表が北京オリンピックでの金メダルや、ワールド・ベースボール・クラシックでの準優勝を達成すると韓国内で野球への関心が高まったことから、設計を再度変更、完全なドーム球場とした[2]。
引用元:高尺スカイドーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B0%BA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

九老区(クロく)は大韓民国、ソウル特別市南西部にある区。ソウルデジタル産業団地があり、準工業地域の割合が全区の面積に対し30%を超えるなど工業が盛んな区。九老の名称は、この地域に長く住んでいた9人の年寄りの伝説にちなんでつけられた[2]。

歴史[編集]
1980年4月1日 永登浦区から九老洞、加里峰洞、禿山洞、始興洞、高尺洞、開峰洞、梧柳洞、宮洞、温水洞、天旺洞、航洞、新道林洞を分割し、九老区が誕生。
1995年3月1日 禿山洞、始興洞および加里峰洞の大部分が京畿道光明市の一部と合併し、衿川区が発足。
引用元:九老区 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E8%80%81%E5%8C%BA