亜、米、欧【3年に1度】

世界剣道選手権大会の男子個人
の部は、1970年の第1回以来
全て日本人が優勝している
◯(答)
36%

概要[編集]
1970年に設立された国際剣道連盟(International Kendo Federation, FIK)によって1970年以来3年に1度アジア、アメリカ、ヨーロッパの持ち回りで開催されている。第1回(1970年)の参加国は17国であったが、近年は40国前後まで増えている。

世界一を決める大会ではあるが、剣道の発展途上国も多く、特に女子の部は歴史も浅いため、実際には全日本剣道選手権大会や全国警察剣道選手権大会の方がレベルは高いとされる。日本人が移民したアメリカ、ブラジルや、日本の統治下にあった韓国、台湾等、第二次世界大戦以前から剣道が普及している国と、戦後から剣道を始めた国との格差は大きい。

第12回(2003年)までは、日本が男女共に団体・個人の4部門優勝を果していたが、第13回(2006年)の男子団体戦で日本がアメリカに準決勝で敗れ第三位に終わったため、第1回以来続いてきた日本男子の連覇は12でストップした。男子個人では、現在も日本人選手が連覇を続けている。
引用元:世界剣道選手権大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%89%A3%E9%81%93%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A