【優勝】大鵬、千代の富士【横綱在位】千、大

次の大相撲で活躍した元横綱を
幕内で優勝した回数が多い順に
選びなさい
大鵬幸喜
千代の富士貢
朝青龍明徳
北の湖敏満
37%


次の力士を
横綱在位期間が長かった
順に選びなさい
千代の富士貢
大鵬幸喜
輪島大士
北勝海信芳
旭富士正也
56%
引用元:大鵬 輪島 北勝海 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/41955/


1960年代に柏鵬時代を築いた
大相撲の柏戸と大鵬は
同時に横綱に昇進した
◯(答)
54%
引用元:【同時昇進】大鵬、柏戸 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/45480/

幕内最高優勝の記録(まくのうちさいこうゆうしょうのきろく)は、大相撲の幕内力士の優勝にかかわる主要記録の一覧。

特に明記のない場合1909年(明治42年)6月場所の優勝額贈呈開始によって、現在の個人優勝制度が確立して以降のもの。

優勝回数10回以上の力士[編集]
最高位はみな横綱。太字表記は現役。

四股名 優勝
回数 新入幕 初優勝 最終優勝 最終場所 備考
白鵬翔 42 2004年5月 2006年5月 2019年3月 優勝同点4回(2019年7月場所終了現在)
大鵬幸喜 32 1960年1月 1960年11月 1971年1月 1971年5月 優勝同点2回
千代の富士貢 31 1975年9月 1981年1月 1990年11月 1991年5月
朝青龍明徳 25 2001年1月 2002年11月 2010年1月 2010年1月 優勝同点1回
北の湖敏満 24 1972年1月 1974年1月 1984年5月 1985年1月 優勝同点5回
貴乃花光司 22 1990年5月 1992年1月 2001年5月 2003年1月 優勝同点5回
引用元:幕内最高優勝の記録一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%95%E5%86%85%E6%9C%80%E9%AB%98%E5%84%AA%E5%8B%9D%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2%E4%B8%80%E8%A6%A7