ノ・ジョンユン

1993年にサンフレッチェ広島に
入団し、翌年の1stステージ
優勝に貢献した元韓国代表MFで
アメリカW杯にも出場したのは?
高正鐵
盧智云
柳延星
盧延潤(答)
29%

盧 廷潤(ノ・ジョンユン、노정윤、1971年3月28日 – )は、大韓民国出身の元サッカー選手。元韓国代表。京畿道仁川市(現・仁川広域市)出身。Jリーグ初期はノ・ジュンユンの読みで登録されていた。元韓国女子代表選手の[1]劉永玉[2] は妻。韓国代表として初めてJリーグでプレーしたサッカー選手。

来歴[編集]
地元の富平高等学校から高麗大学校[注 1]へ進学し、大学在籍中の1990年には韓国代表入りする。

卒業後、1992年度行われたKリーグドラフトで油公(現済州ユナイテッドFC)に指名されたが、以前からオファーの届いていたJリーグのサンフレッチェ広島に入団[注 2]。韓国内でも将来の中心選手として期待が高かったため、Jリーグ入りは韓国国民から強い非難を受けた。しかしJリーグ開幕時から不動のレギュラーの座をつかみ、1994年のサントリーシリーズ(1stステージ)優勝に貢献。なお、本人はワールドカップアメリカ大会出場のため、チームが優勝を決めた同年6月11日のジュビロ磐田戦を含め、第1ステージ終盤の5試合はチームを離れた。

1994年ワールドカップアメリカ大会アジア地区最終予選中の参加国の合同宿舎においては、上記の軋轢から自身をスパイ扱いする韓国代表選手との接触を避ける一方、Jリーグで同僚の森保一や他の日本代表の選手にキムチや焼き肉を差し入れたり、他のチームの情報を伝えたりしていた[3]。最終予選で韓国が日本に敗れ、ほとんどの選手が悔しさのあまり取材すら拒否してスタジアムを後にする中、盧だけは日本のテレビカメラに向かって笑顔で「おめでとう」とコメントを残した。この試合に敗れたことについて、金皓韓国代表監督が「廷潤が日本代表のスパイであったせいで韓国は負けたのだ」とテレビカメラの前で主張を展開。それ以降、決定的に韓国全土にスパイの汚名を着せられることとなる[注 3]。同年、韓国代表メンバーとしてW杯アメリカ大会への出場を果たす。[5]
引用元:盧廷潤 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E5%BB%B7%E6%BD%A4