Cody Rhodes【Cross Rhodes】

アメリカン・ナイトメア
DIN’S FIRE
ダイヤモンドダスト
クロスローズ
ケニー・オメガ
ジョー・ロビンソン
Cody(答)
ヘナーレ
27%

コーディ・ローデス(Cody Rhodes)のリングネームで知られるコーディ・ラネルズ(Cody Garrett Runnels、1985年6月30日 – )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ケンタッキー州ルイビル出身[1]。

父はダスティ・ローデス、ダスティン・ローデスは異母兄になる。妻はNXTでリングアナウンサーを務めた経験があるブランディ・ローデスことブランディ・ラネルズ。

英語圏では名前をローズと発音するのが一般的だが、本項では以降、日本でよく知られている名前のローデスを使用する。

新日本プロレス[編集]
2016年12月10日、新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUE 2016にてケニー・オメガよりBULLET CLUBの新メンバーとして紹介を受ける。会場のスクリーンよりプロモーションを展開。コーディ・ローデス改め、”アメリカン・ナイトメア” Codyとしてアピールした[9]。

得意技[編集]
クロスローズ
リバースDDTの体勢から体を180゜錐揉み回転した勢いでマットに叩きつけるカッター。
スターダスト時代はクイーンズ・クロスボウの技名で使用。

アメリカン・ナイトメア
WWE退団後から使用している変型足4の字固め。
仰向け状態の相手の股の間に左足で踏み込み、その足を軸に相手の両足をクロスさせ、そのまま横回転して相手をうつ伏せにし、クロスさせた外側の足を自らの右足で押すことで両足を極める変型足4の字固め。

DIN’S FIRE
相手をリバースゴリースペシャルで担ぎ上げ、そのまま尻もちをついて上下逆さまになった相手の脳天をマットに叩きつける。バータブレイカーと同型。

ダイヤモンドダスト
スターダスト時代のフィニッシュムーブ。コーナー上でリバースDDTの体制で相手を捕らえた状態から自らが前方回転してネックブリーカーを決める。
引用元:コーディ・ローデス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%B9