Elaine Zayak

フィギュアスケートで同一
ジャンプの重複を制限する
ザヤックルールに名を残す
ザヤックはどこの国の選手?
アメリカ(答)

カナダ
スウェーデン
ロシア
-%

エレイン・ザヤック(Elaine Zayak、1965年4月4日 – )は、アメリカ出身のフィギュアスケート選手。1982年世界フィギュアスケート選手権女子シングルチャンピオン。

ザヤックルール[編集]
エレインはトリプルトウループが得意の選手であった。1982年世界フィギュアスケート選手権で優勝した際、3回転ジャンプを計6回跳んだが4回がトゥループで、2回がサルコウであった。また、前年の1981年世界フィギュアスケート選手権でも3回転ジャンプを計7回、そのうちトゥループが4回、サルコウが2回、ループが1回で2位になっている。また、ザヤック以外にも1980年レークプラシッドオリンピックでは、サンダ・ドゥブラヴチッチが3回転ジャンプを4回跳んだが、その全てがトゥループであった。こうしたプログラム構成は、同じ種類の3回転ジャンプでプログラムを埋め、他のジャンプの欠点をカバーすると見なされて、1982年のISU総会で同一ジャンプの重複を制限するルールができた。これが通称ザヤックルールである。(フィギュアスケートの採点法 無効要素参照)
引用元:エレイン・ザヤック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%AF

概要
ざっくり言えば、得意な種類のジャンプだけを跳んで点数を稼ぐことを抑制するために作られたルールである。 具体的には

同じ種類の3回転ジャンプは、二度までしか跳んではならない。
二度跳ぶことが出来るジャンプは、二種類まで。
同じジャンプを二度跳ぶ場合、少なくとも片方はコンビネーションジャンプ、もしくはジャンプシークエンスにしなければならない(両方でも可)。
このルールにより、選手は多くの種類のジャンプを跳ぶことが求められる。なお、4回転ジャンプについても同じルールが適用される。また、2014-15シーズンより、2回転ジャンプについてもザヤックルールが適用されることになった。
このルールを言葉だけで理解するのはちょっと難しい。

そこで、せっかくのニコニコ大百科なので、ニコニコ動画からザヤックルールに違反した演技を参照しながら、
次項にて、このルールについて解説をしたいと思う。解説に誤りがあったり、不必要と思われる場合は掲示板にてご指摘願いたい。
引用元:ザヤックルールとは (ザヤックルールとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B6%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB