William Tupou

2019年ラグビーW杯日本代表に
選ばれたトンガ出身の選手
トゥポウ(答)
43%

ウィリアム・トゥポウ(英語: William Tupou、1990年7月20日 – )は、2019年現在トップチャレンジリーグコカ・コーラレッドスパークスに所属するニュージーランド国籍のマオリ族ラグビー選手。

2017年1月にはスーパーラグビーサンウルブズの2017年スコッドに入り[5]、同年6月17日に行われたリポビタンDチャレンジカップ2017アイルランド戦にて先発出場で日本代表初キャップを獲得した[6]。

2019年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出された[7]。
引用元:ウィリアム・トゥポウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%9D%E3%82%A6

ウィリアム・トゥポウ
William TUPOU

突破力、タックル、スキルに長けたニュージーランド出身の大型CTB
一昨年の6月、3年居住の条件をクリアして、日本代表デビューを飾った突破力とタックルに長けたCTB。スキルも高く、日本代表ではWTB(ウィング)、FB(フルバック)としてもプレーしたように、複数のポジションをカバーする。プレースキックも上手い。

両親はトンガ人だが、トゥポウ自身はニュージーランドのオークランド生まれで、小さい頃からラグビーをしていた父の影響で15人制ラグビーをしていた。高校時代はオーストラリアのブリスベンで過ごし、オーストラリア高校代表にも選出された。
引用元:ウィリアム・トゥポウ | サンウルブズ選手紹介 | スーパーラグビー | ラグビー | J SPORTS【公式】 https://www.jsports.co.jp/rugby/superrugby/sunwolves/Tupou/