【メイズイ、グレートヨルカ】

次の日本ダービー馬と
その同期のライバルの
正しい組み合わせを選びなさい
メイズイ───グレートヨルカ
アサデンコウ───リュウズキ
キーストン───ダイコーター
42%

メイズイは日本の競走馬。1963年の皐月賞、東京優駿(日本ダービー)を圧勝し、クラシック三冠確実と言われながらも菊花賞で敗れ、三冠を逃した。クラシック戦線ではグレートヨルカとライバル関係を築き、一連の対戦はそれぞれのイニシャルを取り「MG対決」と呼ばれた。1963年度啓衆社賞年度代表馬および最優秀4歳牡馬、最良スプリンター。

全兄にスプリングステークス勝ち馬のメイタイ、全姉に三冠馬ミスターシービーの曾祖母メイワがいる。
引用元:メイズイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%A4

グレートヨルカは、日本の競走馬。菊花賞を勝ち、同厩舎のメイズイの三冠を阻んだ馬である。母クヰーンスジェストが日本に来る前に生まれた兄弟に、種牡馬となったWill Somers(父系現存)、外国産馬として日本へ輸入され、日本短波賞を勝ったビッグヨルカがいる。1962年啓衆社賞最優秀3歳牡馬。
引用元:グレートヨルカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A8%E3%83%AB%E3%82%AB

ダイコーターとは日本の競走馬・種牡馬。1965年に行われた第26回菊花賞の優勝馬である。全兄のユキロウは、スプリングステークス、全日本3歳優駿などに優勝。近親には、鳴尾記念を制し菊花賞や宝塚記念で2着に入ったハシクランツがいる。
引用元:ダイコーター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

キーストンは、日本の競走馬である。

中央競馬において、デビュー年の1964年に5連勝を挙げて啓衆社賞最優秀3歳牡馬を受賞、翌1965年のクラシック戦線ではダイコーターとライバル関係を築き、東京優駿(日本ダービー)に優勝して最優秀4歳牡馬と最良スプリンターに選出された。1967年に出走した阪神大賞典の競走中に左前脚を脱臼し、予後不良と診断されて安楽死の措置がとられた。故障発生後、自身の苦痛をおして馬場上で昏倒する騎手・山本正司の様子を気遣うような仕種を見せたことが、美談として取り上げられている。
引用元:キーストン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3

アサデンコウとは日本の競走馬である。第34回東京優駿(日本ダービー)優勝馬。同期にはリュウズキ(皐月賞・有馬記念)・ニットエイト(菊花賞・天皇賞(秋))がいる(ちなみに、両者ともに矢倉玉男厩舎所属)。
引用元:アサデンコウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%A6

リュウズキ(1964年 – 1989年)は、1960年代に活躍した日本の競走馬・種牡馬。1967年に行われた第27回皐月賞および1968年に行われた第13回有馬記念の優勝馬。1967年には啓衆社賞最優秀4歳牡馬を受賞している。

デビュー時は競走馬名に促音・拗音が使えなかったことから、使用可能となった1968年まではリユウズキと表記された。
引用元:リュウズキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%BA%E3%82%AD