高萩洋次郎 サンフレッチェ広島 ミドルシュート攻撃的MF

075FnOOvOTjEn
サンフレッチェ広島ユース出身
ミドルシュートが得意
得点能力の高い攻撃的MF
サンフレッチェ広島に所属
山口螢 やまぐちほたる
斎藤学 さいとうまなぶ
高萩洋次郎(答) たかはぎようじろう
森重真人 もりしげまさと

髙萩 洋次郎(たかはぎ ようじろう、1986年8月2日 – )は、日本のプロサッカー選手。福島県いわき市植田町出身[1]。Jリーグのサンフレッチェ広島所属。ポジションはミッドフィールダー。クラーク記念国際高等学校広島キャンパス卒業。
>中学3年時に高田に誘われ[5]、2002年にサンフレッチェ広島ユースに入団[注釈 2]。2003年高校2年生時には、高校年代のサッカー界に旋風を巻き起こした広島ユースの中心選手として活躍、チームをクラブユース選手権優勝、高円宮杯3位に導く[5]。
>2007年、広島に復帰。コンディションがなかなか上がらなかったこともあり当初ミハイロ・ペトロヴィッチはあまり評価していなかったが徐々に主力として評価しだし[12]、翌2008年森崎和幸や柏木陽介ら主力MFに怪我人が続出したためトップ下として先発メンバーに定着、終盤には1トップに入る[13] など主力としてJ1昇格に貢献した[14]。以降、トップ下のレギュラーとして定着している。2010年ナビスコカップニューヒーロー賞受賞。
2012年、得点こそ4得点だったが、リーグ2位の12アシスト(トップは中村憲剛で13アシスト)を決める活躍で広島のリーグ初優勝に貢献し、自身初のJリーグベストイレブンに選出された。2013年、背番号が10に変わった。同年7月、東アジアカップ2013で初めてA代表に選出された。7月21日の中国戦で代表初出場を果たした。
引用元: 高萩洋次郎 – Wikipedia.

山口 蛍(やまぐち ほたる、1990年10月6日 – )は、三重県名張市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー。
>2012年、クラブでも開幕からレギュラーを掴み、ロンドン五輪U-23サッカー日本代表に選出された。本大会では、主にチームメイトの扇原貴宏とダブルボランチを形成。過密日程の中、全試合フル出場を果たし、メキシコ五輪以来44年ぶりのベスト4進出に貢献した。同年、キム・ボギョン、清武弘嗣といった主力の相次ぐ移籍もあってクラブは下位に低迷したが、ファビオ・シンプリシオの加入後は攻撃的ミッドフィールダーとしても起用されるなどユーティリティな活躍を見せ、リーグ戦30試合に出場した。
2013年7月、東アジアカップ2013に出場する日本代表に招集され、第1戦中国戦で国際Aマッチ初出場を果たした[1]。同大会では全3試合に出場し、日本代表の大会初優勝に貢献し、自身も大会MVPに選出された[11]。
引用元: 山口螢 – Wikipedia.

齋藤 学(さいとう まなぶ、1990年4月4日-)は、神奈川県出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。川崎市立川崎高等学校卒業。
>2012年シーズンから横浜FMに復帰。2012年7月、ロンドンオリンピックサッカー日本代表に選出された。
>2014年5月12日、2014 FIFAワールドカップ日本代表に選出された。しかし、本大会での出場機会はなくチームもグループリーグで敗退した。
>このリオネル・メッシ(アルゼンチン代表)を彷彿とさせるプレースタイルは愛媛へのレンタル移籍時以後注目されるようになり、2011年5月8日の湘南戦の終了間際に中へドリブルで切れ込んだゴールには、反町康治(当時湘南監督)をして「最後は“愛媛のメッシ”にやられた、という感じです」とコメントされ[3]、横浜復帰後にも中村俊輔から「和風メッシでしょ」と称される[4]など、メッシにまつわるニックネームが付けられるようになっている。
引用元: 齋藤学 – Wikipedia.

森重 真人(もりしげ まさと、1987年5月21日 – )は、広島市安佐北区出身のプロサッカー選手[5][6]。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)[3]、ディフェンダー(DF)[7]。日本代表。
>2013年よりランコ・ポポヴィッチ監督に指名され、主将を務めた[47][48]。心身両面に安定感を身に付けて[49][50]大分在籍時から続いた守備の粗さを克服[51]。7月には東アジアカップ2013の日本代表に選出され、2009年1月以来約4年半ぶりに[50][19]A代表復帰。同月21日の中国戦で国際Aマッチ初出場を果たした[19]。韓国戦では跳躍力を活かした[52]空中戦やビルドアップで[53] 出色の活躍を見せ[54]日本の同大会初優勝に貢献しアルベルト・ザッケローニ代表監督からの評価[注 3]を高めた[55]。
2014年は、世界仕様に近付くために激しさ[56]と緻密さを磨き[57]、同年6月開催のW杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出された[43]。硬直化していた守備陣の中で[58]力強さと配球力を発揮して[59]主力を脅かす存在となり[60][55]、本大会第1戦コートジボワール戦ではフル出場。しかし懸命に体を張った守備も及ばず[61][62]逆転負けを喫した。第2戦・第3戦は出場機会が無く、グループリーグ敗退に終わった。
引用元: 森重真人 – Wikipedia.