ロペス、ボルディン、黄

次の男子マラソン選手を
五輪で金メダルを獲得したのが
早い順に選びなさい
チェルピンスキー
カルロス・ロペス
ジェリンド・ボルディン
黄永祚
ジョサイア・チュグワネ
ゲザヘンゲ・アベラ
ステファノ・バルディーニ
28%

ワルデマール・チェルピンスキー(Waldemar Cierpinski、1950年8月3日 – )は、東ドイツの元マラソン選手。
ほとんど無名で出場した1976年モントリオールオリンピックの男子マラソンで、当時世界最強のマラソン選手であったフランク・ショーター(アメリカ)に五輪新記録で勝ち、金メダルを獲得。その後、1980年モスクワオリンピックまで目立った成績がなく、再び出場したモスクワオリンピックでも事前の評価は高くなかったが、優勝候補といわれた日本3選手(瀬古利彦、宗茂、宗猛)の不参加などもあって、これらの予想を覆してアベベ・ビキラ(エチオピア)以来の、オリンピックのマラソン2大会連続優勝を達成した。
引用元:ワルデマール・チェルピンスキー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

カルロス・アルベルト・デ・ソウザ・ロペス(ポルトガル語: Carlos Alberto de Sousa Lopes, 1947年2月18日 – )はポルトガルの陸上競技長距離選手である。

その後、マラソン競技に転向し、1984年ロサンゼルスオリンピックにおける下馬評では前年の世界選手権優勝者ロバート・ド・キャステラや瀬古利彦などの評価が高く、彼自身の評価はそれほど高くなかったが37歳での出場にも係わらず2時間9分21秒の五輪新記録で見事金メダルを獲得した。
引用元:カルロス・ロペス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%82%B9

ジェリンド・ボルディン(Gelindo Bordin、1959年4月2日 – )はイタリアヴィチェンツァ出身の元マラソン選手である。

1988年ソウルオリンピックでは、ワキウリ、サラ、ボルディンの世界選手権のメダリスト3人と中山竹通との優勝争いと見られていた。レースは大方の予想通りこの4人の争いとなり最初に中山が脱落した。残った3人による駆け引きで、38km過ぎのサラのスパートに、ワキウリと共に離されて一時は完全に脱落したと思われたが、粘りの走りで40kmを過ぎてからワキウリ、サラを次々と逆転し、イタリア人初の五輪マラソン優勝を果たした。このレースはNHKが実況中継していたが、レースの解説者宗茂は、ボルディンが一時脱落したときに「イタリアの選手はここからが強いんです」と、ボルディンの優勝を予見するようなコメントを残している。

1897年にボストンマラソンが始まって以来、アベベ・ビキラをはじめとする過去の名選手達でも破れなかった「五輪マラソンの覇者はボストンマラソンに勝てない」というジンクスが約1世紀近くもの間存在したが、ボルディンは1990年ボストンマラソンでジュマ・イカンガーらを相手にクレバーな追い上げで優勝し、長らく誰も破れなかったジンクスを初めて破った。彼は現在のところオリンピックとボストンマラソンの両方を制した唯一の男子選手となっているが、「また誰かが破るさ」と本人は語っている。
引用元:ジェリンド・ボルディン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3

黄 永祚(황영조、ファン・ヨンジョ、1970年3月22日 – )は、韓国・江原道三陟郡(現三陟市)出身の陸上競技選手。1992年バルセロナオリンピック男子マラソンの金メダリストである。

ファンは若い頃からトラック競技で有望なランナーであったが、1991年の初マラソンで優勝してからはマラソンに集中することになった。 オリンピックまでの3回のマラソンの成績は、優勝が2回、2位が1回というものであり、バルセロナオリンピックのマラソンは4回目のマラソンであった。
引用元:黄永祚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%B0%B8%E7%A5%9A

ジョサイア・チュグワネ(Josia Thugwane、1971年4月15日 – )は南アフリカ共和国の男子陸上長距離(マラソン)選手である。身長158cm、体重45kg(1996年8月当時)。

そして1996年8月のアトランタオリンピック男子マラソンに出場、戦前は注目を集める選手ではなかったが2時間12分36秒のタイムで優勝しゴールドメダリストの栄誉に輝いた。レースでは30キロ過ぎからペースを上げ李鳳柱・エリック・ワイナイナと先頭集団を形成したが、スタジアム手前でチュグワネがスパートし李に3秒差の大接戦で栄光のゴールテープを切った。 また、これはアパルトヘイトの歴史を持つ南アフリカ共和国における、黒人初の金メダリストとなる快挙であり、われわれ黒人も国際社会で自由に走れるように。それが何よりうれしい[1]、とのコメントを残した。
引用元:ジョサイア・チュグワネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%8D

ゲザハン・アベラ (Gezahegne Abera、1978年4月23日- )は、エチオピアの陸上競技選手。2000年シドニーオリンピック、2001年世界陸上選手権エドモントン大会の男子マラソン金メダリストである。妻は同じくマラソン選手のエルフェネッシュ・アレム。

シドニーオリンピックのエチオピア代表としてマラソンに出場、レースは後半に入って、アベラとテスファイエ・トラ(エチオピア)のエチオピアの2人と、隣国の1996年アトランタオリンピック男子マラソン銅メダリストのエリック・ワイナイナ(ケニア)の3人が先頭集団から抜け出し、37km付近で、ワイナイナが3人の中からさらに抜け出しスパートをかけた。しかしワイナイナのスパートも2km程度しか続かず、アベラがワイナイナを捕まえそのままゴールした。
引用元:ゲザハン・アベラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B6%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%A9

ステファノ・バルディーニ(Stefano Baldini、1971年5月25日 – )は、イタリア・エミリア=ロマーニャ州出身の男子マラソン選手。

2004年アテネオリンピックにおいては、下馬評ではそれほど評価は高くなかったが、難コースに対応した快走を見せ、1988年ソウルオリンピックのジェリンド・ボルディン以来2人目のイタリア選手の金メダリストになった。
後半のハーフは63’18″と著しいペースアップを見せた。35-40kmを14’13″という速いタイムでカバーし、走路妨害にあったバンデルレイ・デ・リマを抜き去って、2時間10分55秒で優勝のテープを切った。
引用元:ステファノ・バルディーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B