優勝を逃した勝率上位2球団 「ワイルドカード」MLBプレーオフ

054YTzKfgHkGg
大リーグでは、ア・リーグ、
ナ・リーグともに◯球団が
ワイルドカードとしてプレーオフ
に進出する? 数字で答えなさい
2
CIMG7824eFQAnYZfvAFq
次のアメリカ大リーグ
アメリカン・リーグのチームを
所属地区ごとに
グループ分けしなさい
CIMG7825HiANaDuixbsi
0002ulVMHRtEsL
次のアメリカ大リーグ
ナショナル・リーグのチームを
所属地区ごとに
グループ分けしなさい

東地区中地区西地区都市名
レッドソックスボストン
ヤンキースニューヨーク
マリナーズシアトル
インディアンズクリーブランド
ナショナルズワシントン
ブルワーズミルウォーキー
ジャイアンツサンフランシスコ
パイレーツピッツバーグ
フィリーズフィラデルフィア
パドレスサンディエゴ

ワイルドカード(wild card)は、スポーツ競技における追加の特別参加枠(制度)、もしくはその対象のこと。主にプレーオフで地区優勝チーム以外に与えられる追加枠を指す。
人気のあるプレーオフの試合数を増やして収入を上げる
各組の1チームが独走した後半にも興味を持続できるようにする
組別のレベル差による順位の逆転(ある地区の2位が他地区の1位より勝率が高い時など)を補う
ことを目的に導入される。
>メジャーリーグベースボール[編集]
通常、レギュラーシーズンでアメリカンリーグ、ナショナルリーグの各々リーグは東地区、中地区、西地区の3地区制で地区1位3チームが自動的にプレーオフに進むが、それに加えて各々リーグの3地区の2位以下になったチームの中で、勝率の高い順に2チームをワイルドカードゲーム(後述。日本では『PO進出決定戦』とも表記される)で戦わせ、その勝者がプレーオフに進出する。そのチーム、もしくはそれによるプレーオフ出場権利をワイルドカードと呼ぶ。
1995年シーズンから導入されたが、
1995年から2011年までは勝率の最も高い1チームを対象としていた。
2012年からはワイルドカードのノミネートを2チームに増やし、このノミネート球団同士で1試合のワイルドカードゲーム(対象2球団のうちで勝率が高いチームの本拠地で開催)を行い、勝利したチームがディビジョンシリーズに出場するという制度になった。

この結果、各地区で最も勝率が高い球団(計6球団)が地区優勝となる。地区優勝を果たした球団は、無条件で “ディビジョンシリーズ” (地区シリーズ)へ進出する。
地区優勝を逃した各リーグ12球団ずつのうち、地区に関係なく勝率上位2球団ずつがワイルドカードとなる。この2球団が地区シリーズ進出をかけて対戦する1試合が “ワイルドカードゲーム” である。試合の開催地は、レギュラーシーズンの勝率が高いほうの球団(第1ワイルドカード)の本拠地球場となる。勝った球団は地区シリーズに進出し、リーグ最高勝率の球団と対戦することになる。
引用元: ワイルドカードゲーム – Wikipedia.

米国プロ野球のメジャーリーグ[編集]
地区予選ともいうべき制度。アメリカンリーグとナショナルリーグ、各リーグで5チームの地区ブロック(東・中・西)に分かれてリーグ戦を行い、ブロック成績最優秀(地区優勝)チーム及びそれ以外の最高勝率1位チームと2位チームによるプレーオフの勝者(2011年までは勝率2位のうち最高勝率のチーム)をワイルドカードとして加えた4チームずつによるトーナメント戦を行う(地区1位チームやワイルドカード2位チームが複数出た場合はワンゲームプレーオフを行う)。各リーグでの準決勝にあたる1回戦はディビジョンシリーズ、決勝戦にあたる2回戦はリーグチャンピオンシップシリーズと呼ばれる。勝ち抜いたチームがリーグ優勝となり、締め括りにその2チームによる7番勝負、ワールドシリーズを行い、その年の優勝チームを決定する。システムの詳細はメジャーリーグベースボールのポストシーズンを参照。
引用元: プレーオフ – Wikipedia.