【Claw】スパーズ、ラプターズ

次のうち、カワイ・レナードが
NBAファイナルでMVPに
選ばれた時の所属チームを
全て選びなさい
キャバリアーズ
レイカーズ
ラプターズ(答)
スパーズ(答)
8%

カワイ・レナード(Kawhi[kəˈwaɪ] Anthony Leonard, 1991年6月29日 – )は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州リバーサイド出身のバスケットボール選手。NBAのロサンゼルス・クリッパーズに所属。ポジションはスモールフォワード。身長201cm、体重104kg。紙面などで、クワイ・レナードと表記される場合もある。手が大きいことから、クロウ(Claw)の愛称を持つ。

2013-14シーズン[編集]

2013–14 シーズン は、2014年1月オクラホマシティ・サンダー戦で、利き手の第4中手骨を骨折し[27]、16試合を欠場したが、65試合に先発し、スパーズのスターターとしての地位を確立し、成績も1試合平均12.8得点、6.2リバウンド、2アシスト、1.7スティールと前年より伸ばしている。このポストシーズン中に、スティールからコースト・ツー・コーストのダンクを見せたことなどから、シャキール・オニールによって、“シュガー・K・レナード”というニックネームを授けられた[28]。スパーズは久々のNBAチャンピオンに輝き、レナードは、レブロン・ジェームズとのマッチアップで、攻守ともに非凡さを見せ、22歳という若さで、NBAファイナルMVPを獲得した[29][30] 。この若さはマジック・ジョンソンの1980年ファイナルの20歳278日、1982年の22歳298日に次ぐ記録である[31][32]。またNBAオールスター経験のない選手では6人目で、2004年ファイナルMVPのチャウンシー・ビラップス以来である[33][34]。

レナードは2019年NBAファイナルでのゴールデンステイト・ウォーリアーズ戦でも大活躍した。 第2戦では、ラプターズはウォーリアーズに109-104で敗れたものの、レナードは34得点・14リバウンドを記録した。第4戦では、ラプターズが105–92で勝利し、レナードも36得点・12リバウンドと活躍した。 第6戦では、彼は22得点を記録し、ラプターズが114-110で勝利し、自身2回目となるNBAチャンピオン、ラプターズ史上初となるNBA優勝をもたらした。彼はその後2度目となるNBAファイナルMVPを受賞し、レブロン・ジェームズとカリーム・アブドゥル・ジャバーに続き、2つのチームでNBAファイナルMVPを受賞した3番目の選手になった。レナードは2019年のプレーオフで計732得点を記録し、アレン・アイバーソン(計723得点)とアキーム・オラジュワン(計725得点)の記録を上回り、リーグ史上NBAポストシーズンで3番目に高い合計得点を記録した。これを超える記録を持っているのはレブロン・ジェームズ(計748得点、2018年)とマイケル・ジョーダン(759得点、1992年)のみ。
引用元:カワイ・レナード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89