TBE

2018年12月31日に総合格闘技
イベント「RIZIN」でキック
ボクサーの那須川天心が対戦した
元ボクシング世界王者は?
オスカー・デ・ラ・ホーヤ

フロイド・メイウェザー(答)
マニー・パッキャオ
ビタリ・クリチコ
79%

那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 – )は、日本のキックボクサー、総合格闘家。千葉県出身。TARGET/Cygames所属。血液型B型。『神童』、『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意の左ストレートは『ライトニング・レフト』の異名を持つ[2]。RISE世界フェザー級王者。ISKA世界フェザー級王者。

12月31日、RIZIN.14において、プロボクシングの元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー・ジュニアと、ボクシングルール3分3ラウンドの非公式戦で対戦し、試合開始から腕を垂らし満身の笑顔で迫り寄るメイウェザーに対して那須川の左ストレートが顔面をかすめた瞬間メイウェザーが豹変し、側頭部に左フックからの右ボディーでリング端へ飛ばされ非公式戦とはいえ生涯初のダウンを喫し、立ち上がるも右ボディからの右フックで再びリング端まで飛ばされ、立ち上がったところを正面から左フックを側頭部に受け3度のダウンを奪われ、なんとか立ち上がろうというところでタオルが投げ込まれTKO負けとなり、那須川はその場に崩れ号泣した[58][59][60][61]。
引用元:那須川天心 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E9%A0%88%E5%B7%9D%E5%A4%A9%E5%BF%83

フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、1977年2月24日 – )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。ミシガン州グランドラピッズ出身。

元WBC世界スーパーフェザー級王者。元WBC世界ライト級王者。元WBC世界スーパーライト級王者。元IBF世界ウェルター級王者。元WBC世界ウェルター級王者。元WBC世界スーパーウェルター級王者。元WBA世界ウェルター級スーパー王者。元WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者。元WBO世界ウェルター級王者。

階級を上げてからはパワーが相対的に減り、ファイトスタイルもディフェンス重視になったものの、圧倒的なスピードと超人的な反応速度を持ち、卓越したディフェンステクニックで相手を翻弄し、絶妙のタイミングでカウンターを打ち込むのを得意とする選手。プロでの戦績は50戦50勝。史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成したなど[1][2]、パウンド・フォー・パウンド最強のボクサーとして評価されていた。

メイウェザーvs那須川[編集]
2018年12月31日、日本のさいたまスーパーアリーナで開催されたRIZIN.14で那須川天心と、3分3ラウンド契約のジャッジを置かない判定決着なしのKOかTKOのみで決着がつく公式戦績には残らないボクシングルールのエキシビションマッチで対戦し1回TKO勝利を収めた[155]。
引用元:フロイド・メイウェザー・ジュニア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2