【ザコパネ出身】Kamil Stoch

2014年ソチ五輪と2018年の平昌
五輪のスキージャンプ男子個人
ラージヒルで連覇を達成した
ポーランドの選手は?
ッフミルスカト・
カミル・ストッフ(答)
22%

ポーランド・ザコパネの
名物である、木彫りのように
精密に造形されている
スモークチーズといえば?
ーッオツペィスク
オスツィーペック(答)
29%

引用元:【ザコパネ】Oscypek | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/50265/

カミル・ウィクター・ストッフ(ポーランド語: Kamil Wiktor Stoch)、1987年5月25日 – )は、ポーランド・ザコパネ出身のスキージャンプ選手。AZSザコパネに所属。

優勝候補の一人として臨んだ2014年ソチオリンピックにおいては、ノーマルヒルの1本目はHSに迫る105.5m、2本目にもこの回最長の103.5mを飛び、2位のペテル・プレヴツに13ポイント差をつける圧倒的な強さを見せつけて金メダルを獲得した。ラージヒルも1本目で葛西紀明と並ぶ139.0mを飛びジャッジポイントの差でトップに立つと、2回目は132.5mを飛んで葛西との金メダル争いを1.3ポイント差で制し、マッチ・ニッカネン(1988)、シモン・アマン(2002、2010)に続く史上3人目の個人種目2冠を達成している。

2017-2018シーズンはワールドカップの7戦目まで勝利が無かったが、8戦目からのスキージャンプ週間ではスヴェン・ハンナバルト以来16年ぶり2人目の4連勝でジャンプ週間の2連覇を達成した。新設されたヴィリンゲン・ファイブでも3戦で1勝を挙げて総合優勝を果たした。平昌オリンピックではビルゲル・ルート(1932・1936年)、マッチ・ニッカネン(1984・1988年)以来3人目となる冬季オリンピックスキージャンプ・ラージヒル個人の2連覇を達成した。ワールドカップでは2戦を残して2度目の総合優勝を決めた。史上6人目の通算30勝も達成した。
引用元:カミル・ストッフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%95