ハルウララ、Zippy Chippy

2005年から2012年にかけて
1勝もできないまま引退し
日本競馬史上最多の192連敗と
いう記録を作った競走馬は?
マェトチネイアーリ
マイネアトリーチェ(答)
10%

マイネアトリーチェとは日本の競走馬。日本最多の192戦連続連敗記録を持つ馬である。名前の由来は 冠名+イタリア語で「女優」という意味の”Attrice”[1]。

連敗
2005年10月23日の京都競馬場第4レース、2歳新馬でデビューしたが結果は9頭立て6着に敗れた。中央競馬では6戦0勝に終わり、金沢の服部健一厩舎へ移籍した。移籍後も連敗を重ね兵庫、愛知、笠松と所属を代えるものの連敗は続き、2012年1月9日の笠松競馬場第2レースで敗れ連敗数新記録となる180連敗を記録した。その後1度も勝利することなく、192戦0勝の成績[2]で2012年7月16日に競走馬登録を抹消された。
引用元:マイネアトリーチェ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8D%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7

[競馬]部門

競馬 競馬の連敗記録というと、’03年頃に話題となったハルウララ(113戦0勝)を思い浮かべる人も多いはず。でも、現時点での最多連敗記録ホルダーは、マイネアトリーチェという牝馬。この馬が’05年10月~’12年7月にかけて192連敗を記録した。

「正確には192戦0勝、2着2回・3着6回という生涯成績です」と、同馬が最後に所属した笠松競馬を主催する岐阜県地方競馬組合・企画広報課。それにしても、どうしてこんなに出走したのか。

「中央競馬で1勝もできず、その後、金沢→兵庫→愛知→笠松と地方競馬を渡り歩きました。馬主さんも何回も代わっています。結果論ですが、引き取る馬主さんがその都度現れて、所属を転々としながら競走生活を長く続けられたことがこの記録を生んだのでは」

 9歳といえば人間に換算するとアラフォー。さすがに競走生活の終盤は「脚が痛くて歩様が少しおかしいときもあったようです」というから、満身創痍で走り続けた感じか。で、今はどうしてるの?

「引退後の動向は把握しておりません。きれいな芦毛の馬だったので、運がよければ乗馬になったかもしれませんが、あるいは……」

 なお、ハルウララの存在は意識したものの「二番煎じになるのはどうか……と積極的に連敗記録をアピールすることは避けました。向こうはデビューから一貫して高知競馬で走り続けた馬で、アトリーチェとは競走生活のタイプが違いますからね。あちらは名前もキャッチーですし」とのこと。

 一方、ジョッキーの最多連敗記録はというと、浦和競馬に所属する現役騎手、折笠豊和ジョッキーの810連敗らしい。同騎手は’01年6月にデビューし、初勝利を挙げたのが’05年10月。その間に310連敗を記録している。さらにその後、2勝目を今年5月に挙げるまで810レースを要した、という具合。ちなみに今年8月には3勝目を挙げ、一部の地方競馬ファンを驚かせている。どちらもまさに“無事是名馬”ということか!?
引用元:ハルウララを超える“192連敗”競走馬の行方は? | 日刊SPA! https://nikkan-spa.jp/520106

折笠 豊和(おりかさ とよかず、1977年3月3日 – )は、地方競馬の浦和競馬場冨田敏男厩舎に所属していた元騎手である。

人物・来歴
浦和競馬場へ厩務員として入り、2001年6月1日付けで地方競馬騎手免許を取得、内田友一厩舎からデビューした[2]。同年6月11日、浦和競馬第5競走(C2二組条件戦)でレース初騎乗(騎乗馬はネーハイワールド、10頭立て10番人気10着)。その後、冨田藤男厩舎に移籍。

勝ち星・騎乗馬ともに恵まれなかったが、2005年10月21日、浦和競馬第6競走(C2七組条件戦)にてリトルクラウド(8頭立て3番人気)に騎乗し、311戦目・デビュー4年4か月目にして待望の初勝利を手にした[3]。しかし、それ以後ふたたび勝ち星から遠ざかり、2勝目を挙げたのは2013年5月20日のことであった[4]。初勝利から2勝目までの間の810連敗は騎手としての最長連敗記録であるとも言われる[5]。
引用元:折笠豊和 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%98%E7%AC%A0%E8%B1%8A%E5%92%8C

ジッピーチッピー(Zippy Chippy、1991年4月20日 – )は、アメリカ合衆国の競走馬。デビューからいちども勝利しないまま100戦をこなした馬で、その負け続けてもなお出走する姿から人気者となり、日本のハルウララに相当するブームを巻き起こした。
引用元:ジッピーチッピー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC

Zippy Chippy (born April 20, 1991) is a thoroughbred race horse, a bay gelding, who is notable for being winless in 100 races. Zippy Chippy’s pedigree includes many famous horses, such as Ben Brush, Buckpasser, Busanda, Bold Ruler, Count Fleet, Man o’ War, Nasrullah, Native Dancer, Northern Dancer, Round Table, Tom Fool, War Admiral and the greatest “blue hen” broodmare of the twentieth century, La Troienne.[1]

Zippy Chippy’s 100th loss occurred on September 10, 2004, in the Northampton Fair at the Three County Fairgrounds. He went off at odds of 7-2, making him the second betting choice; however, Zippy Chippy finished last.[4] In December 2004, he retired from racing to become an outrider pony at his hometown track, Finger Lakes racetrack in Farmington, New York, where he’d been banned from racing on September 8, 1998, after failing to leave the gate with the rest of the field for the third consecutive time. As an outrider pony, he escorted horses in the post parade and led them to the gate.

In 2000, People magazine included Zippy Chippy on its list of that year’s most interesting personalities.[5][6] An English ad campaign used his name and image to convince kids to stay in school.[citation needed]

Zippy Chippy’s lifetime record is: 100 starts, 0 wins, and lifetime earnings of $30,834.[4]
引用元:Zippy Chippy – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Zippy_Chippy

株式会社サラブレッドクラブラフィアン (Thoroughbred Club Ruffian) とは、日本中央競馬会に馬主登録をしているクラブ法人である。愛馬会法人「株式会社ラフィアンターフマンクラブ」より匿名組合契約に基づく競走馬の現物出資を受けて、中央競馬などの競走に出走させている。

冠号
牡馬・せん馬=マイネル (meiner) 、牝馬=マイネ (meine) ともにドイツ語で「私の」と言う意味(馬名の前に付ける)。
引用元:サラブレッドクラブ・ラフィアン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3