【ミーガン・ラピノー】米、蘭、瑞、英

2019年7月に女子サッカー
W杯で優勝した国は
アメリカである
◯(答)
-%

FIFA女子ワールドカップ2019(英: FIFA Women’s World Cup 2019[1]、仏: Coupe du Monde Féminine de la FIFA 2019[2])は、2019年6月7日から7月7日にかけて、フランスで開催された第8回目のFIFA女子ワールドカップである[3] 。

大会結果
優勝 アメリカ合衆国 (4回目)
準優勝 オランダ
3位 スウェーデン
4位 イングランド
引用元:2019 FIFA女子ワールドカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2019_FIFA%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97

サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会でオランダを完封し連覇を達成したアメリカ代表。同チームのスター選手で、何かと話題が多いミーガン・ラピノーが改めて、サッカー選手の男女賃金格差の是正を訴えた。

同大会において、出場時間428分の中で通算6ゴール3アシストを記録して「ゴールデンブーツ賞」に輝いたラピノーはこれまでも、選手の賃金とFIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップでの賞金に男女格差があると声を上げてきた。

FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は7月5日に、2023年の女子ワールドカップにおける賞金額を2019年の3000万ドルから2倍の6000万ドルに増額し、出場枠についても現在の24から32に増やすと発表した。だがその前年の2022年に開催される男子のワールドカップの賞金は、2019年から4000万ドル増額の4億4000万ドル。ラピノーは翌6日の会見で、インファンティーノを強く非難した。

「明らかに不公平だ。今2倍にして、次回はその数字を2倍か4倍にすべきだ。私が『敬意を感じられない』と言っているのは、そういうところだ」――ラピノーはオランダとの決勝戦の前日に行われた会見でこう語った。
引用元:女子W杯優勝の米代表「もの言うFW」、男子選手と同じ賞金を求めて吠える | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/wfw.php

Megan Anna Rapinoe (/rəˈpiːnoʊ/ (About this soundlisten); born July 5, 1985) is an American professional soccer player who plays for and captains Reign FC in the National Women’s Soccer League (NWSL), playing primarily as a winger. As a member of the United States women’s national soccer team, she helped the U.S. win the 2015 and 2019 FIFA Women’s World Cup tournaments, a gold medal at the 2012 London Olympics, and finish runners-up at the 2011 FIFA Women’s World Cup. Since 2018, she co-captains the national team alongside Carli Lloyd and Alex Morgan.[2]
引用元:Megan Rapinoe – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Megan_Rapinoe