シーズン最多盗塁 福本豊106 リッキー・ヘンダーソン130

285RzXuVBPkPX
1972年に福本豊が作った
日本プロ野球における盗塁の
シーズン最多記録は◯◯◯?
◯を答えなさい
106

ですが
1982年にリッキー・ヘンダーソン
が作った大リーグにおける盗塁の
シーズン最多記録は○○○?
○を答えなさい
130

「盗塁からとーろくで106」

福本 豊(ふくもと ゆたか、1947年11月7日 – )は、大阪府大阪市生野区出身で東大阪市育ちの元プロ野球選手(外野手)。
通算盗塁数の日本記録保持者(達成当時はMLB記録も超えた)で、「世界の盗塁王」の異名を持つ。引退後はコーチを経て主に野球解説者、野球評論家として活動している。
現役通算2543安打、通算208本塁打を記録した確実性とパンチ力を兼ね備えた打撃、歴代1位の通算1065盗塁と通算115三塁打を記録した俊足、主に中堅手として足を生かした広い守備範囲を誇る外野守備で、長池徳二・山田久志・加藤秀司らと共に阪急黄金時代の主力として活躍した。
>1970年からレギュラーに定着し、同年75盗塁で盗塁王を獲得。1972年から背番号を7に変更し、同年には日本プロ野球史上唯一の3桁、達成当時はMLBの記録(モーリー・ウィルスの104盗塁)も破る世界記録のシーズン106盗塁[5] を記録してチームのリーグ優勝に貢献、史上初となるMVPと盗塁王のダブル受賞を果たした。1977年7月6日の対南海戦でそれまで広瀬叔功が保持していた通算最多盗塁の日本記録を更新し、その後も1982年まで13年連続で盗塁王を獲得する。
引用元: 福本豊 – Wikipedia.

リッキー・ヘンリー・ヘンダーソン(Rickey Henley Henderson, 1958年12月25日 – )は、アメリカ合衆国の元プロ野球選手(外野手)。左投右打。
他の追随をまったく寄せ付けない盗塁数、先頭打者としての出塁率の高さなどは評価が高く、しばしば「メジャーリーグ史上最高のリードオフマン」「盗塁男(Man of Steal)」と呼ばれる。
>ルーキーイヤーはリーグ7位の33盗塁を記録した。翌シーズン、アメリカンリーグ新記録となる100盗塁で盗塁王を獲得して以降、1980年から1986年にかけて7年連続盗塁王に輝いた。特に1982年には現在もMLB記録として残る130盗塁という大記録を達成。1991年5月1日にそれまでのMLBの通算盗塁記録であったルー・ブロックの938盗塁を破る939盗塁を記録。1993年に福本豊の盗塁世界記録を破る1066盗塁を記録。MLB歴代1位の通算1406盗塁を記録した。
引用元: リッキー・ヘンダーソン – Wikipedia.

コメント

  1.   より:

    リッキーヘンダーソンはまじですごい