【重文】銘苅殿内(銘苅家住宅)

ハンガリーのプロリーグでプレー
経験のあるハンドボール選手
銘苅淳
めかるあつし(答)
17%


園内に門司城跡がある
北九州市門司区の公園です
和布刈公園
めかりこうえん(答)

銘苅 淳(めかる あつし、1985年4月3日 – )は、沖縄県浦添市出身のハンドボール選手。日本ハンドボールリーグの北陸電力所属。マネジメントは株式会社スポーツゲイン。

ハンガリー時代
2012年にハンガリーのケチケメートSEへ移籍したが、開幕直後にチームが資金難に陥り[11]、10月にツェグレードKKSEへ移籍した。2012-13年シーズンはリーグ最多の119得点を記録したが、シーズン途中で前所属のケチケメートが破産でリーグを離脱したため、得点の記録は認められなかった[11]。

2013年7月に同リーグのジェンジェジュへ移籍[11]。2014年には1部のバルマジュイヴァーロシュへ移籍し、レギュラーシーズンではリーグ最多の120得点を記録した[12]。

2015年に1部Bリーグ(2部)のニーレジハーザKCへコーチ兼任選手として移籍[13]。

2016年2月に1部のメゼーケベジュドへ移籍した。

スペイン時代
2016年8月にスペイン・リーガASOBALのアンヘル・ヒメネス・アヴィア・プエンテ・ヘニルへ移籍[14]。

日本リーグ復帰
2017年10月16日に日本ハンドボールリーグの北陸電力と契約したことが発表された[15][16]。

2019-20年シーズンから選手兼任コーチに就任。
引用元:銘苅淳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%98%E8%8B%85%E6%B7%B3

銘苅殿内(銘苅家住宅)
めかるどぅんち(めかるけじゅうたく)
銘苅家住宅
めかるけじゅうたく

銘苅家の先祖は尚円王の縁戚にあたり、王朝時代に代々島の地頭職を務めた旧家。住宅は国指定重要文化財に指定されている。門から入ると正面にヒンプン(目隠し塀)が、右側には屋根付きの門が立ち、女性は門、男性はヒンプンの左側から出入りしていたという。現在の建物は明治38年(1905)の再建で、母屋と那覇からの客の宿泊場所だったアサギ(離れ屋)の2棟がある。良質のマキ材を使って、伝統的な沖縄の建築様式で建てられている。母屋の背面と台所の外壁が漆喰塗りになっていることと、母屋とアサギが別棟でありながら屋根がひと続きなのが特徴。
引用元:銘苅殿内(銘苅家住宅)(沖縄県)|るるぶ&more. https://rurubu.jp/andmore/spot/80043393

銘苅家 (めかるけ)は琉球王朝第二尚氏王統の始祖尚円王の叔父の末えい銘苅氏の家門。

概要
銘苅家、銘苅氏は代々、琉球王朝時代に伊是名島の地頭職を務めた家柄[1][2]。沖縄郡島尻郡伊是名村伊是名にある銘苅家住宅は1906年に再建され1977年に国の重要文化財に指定された。銘苅家18代目の当主が2001年収蔵品を含め村に無償で譲渡。 敷地約2000平方メートル、住宅約180平方メートル、古文書や収蔵品93点。赤がわらの家で、漆器など収蔵品は首里王府から支給されたもの[3][4]。
引用元:銘苅家 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%98%E8%8B%85%E5%AE%B6