東日本大震災復興支援ベースボールマッチ

2012年3月に行われた、野球の
日本代表vs台湾の試合において
常設化後初の試合となった
日本代表の監督を務めたのは?
秋山幸二(答)

王貞治
落合博満
星野仙一
34%

東日本大震災復興支援ベースボールマッチ supported by KONAMI(ひがしにほんだいしんさいふっこうしえんベースボールマッチ サポーテッド バイ コナミ)は、日本のプロ野球12球団の主催・日本野球機構(NPB)の運営・台湾プロ野球の中華職業棒球大聯盟(CPBL)と日本のアマチュア野球組織全日本アマチュア野球連盟(JABA)の協力によって2012年3月10日、東京ドームで開催された野球の特別試合である。日本代表監督は秋山幸二
引用元:東日本大震災復興支援ベースボールマッチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E5%BE%A9%E8%88%88%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81

プロ野球オーナー会議 「侍ジャパン」を常設化
[ 2011年10月7日 19:13 ]

 プロ野球は7日、東京都内で臨時オーナー会議を開き、日本代表チームを常設化することを決めた。2連覇した2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の「侍ジャパン」の呼称を使用し、スポンサーなどを募って代表チームを運営する。
 来年3月10日に東京ドームで、東日本大震災の復興支援を目的とした台湾戦を予定。来秋にも国際試合を行う計画を承認しており、2年に1度は試合を開催したいとしている。全日本アマチュア野球連盟と協力して、世代ごとの代表チームを設置する構想もある。

 加藤良三コミッショナーは常設化の理由の一つに少子化を挙げ「競技人口の拡大が大変大事になる。アマを含めて野球の普及を目指す」と説明した。
引用元:プロ野球オーナー会議 「侍ジャパン」を常設化― スポニチ Sponichi Annex 野球 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/07/kiji/K20111007001776340.html