きたすみれ喜多純鈴

2013年の新体操・全日本選手権で
史上最年少の12歳で種目別優勝
喜多純鈴
きたすみれ(答)
17%

喜田 純鈴(きた すみれ、2001年1月11日 – )は日本の新体操選手[2]。

人物
2005年、両親が新体操競技経験者である事から、世界選手権出場経験を持つ中国出身の劉宇が指導する新体操クラブ「エンジェルRGカガワ日中」に入り、新体操を始める[3]。小学3年生時から全日本クラブチャイルド選手権で3連覇[4]。
2013年、坂出市立坂出中学校1年生時に出場した全日本新体操選手権大会の個人総合で準優勝、種目別フープとクラブで史上最年少優勝を達成。日本体操協会から強化指定選手に指定される[4]
2017年、13期フェアリージャパン(新体操日本代表)に個人選手として選ばれる[2]。同年、世界新体操選手権初出場で決勝に進出した。
引用元:喜田純鈴 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%9C%E7%94%B0%E7%B4%94%E9%88%B4