【バスケ】大森兵蔵【ソフト】大谷武一

バスケットボールと
バレーボールを日本に
初めて紹介した人物は?
一谷部兵三
蔵弥島大森
大森兵蔵(答)
19%

ですが
ソフトボールや
ハンドボールを日本に
初めて紹介した人物は?
大谷武一(答)

大森兵蔵【おおもりひょうぞう】

近代スポーツの紹介者,指導者。1905-1907年,アメリカの国際YMCA(キリスト教青年会)トレーニング・スクールで体育学などを学ぶ。帰国後東京YMCA体育部初代主事に就任,バスケットボールやバレーボールを初めて本格的に紹介。一方で私財を投じてセツルメントハウス有隣園を開くなど,社会福祉面でも活動。1912年に大日本体育協会(日本体育協会の前身)総務理事となり,同年日本が初参加したストックホルムオリンピックの監督として開催地に赴くが,帰国途中にアメリカ・カリフォルニア州パサデナで肺結核のため死去。
引用元:大森兵蔵(おおもりひょうぞう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E5%85%B5%E8%94%B5-822357

大森 安仁子(おおもり あにこ、Annie Shepley Omori、1856年12月7日 – 1941年8月4日[1])は、アメリカ合衆国出身の芸術家、慈善活動家、翻訳家。その生涯の最初の50年間は、アニー・バロウズ・シェプリー (Annie Barrows Shepley) の名前で創作活動をした。夫は日本最初のオリンピックチーム監督となった大森兵蔵。

日本での活動
1907年10月、彼女は大森兵蔵と結婚した。兵蔵は1905年にスタンフォード大学を卒業し[8]、YMCAの交換留学生としてマサチューセッツ州スプリングフィールドにやってきていた。

1908年に帰国した兵蔵は、日本にバスケットボールを紹介した[9]。やがて兵蔵は福祉事業に献身するようになり、日本名で安仁子と名乗るようになっていた彼女は「細やかな上品さ、崇高な理想と学術的な見地とともに、幸福の要素すべてを見出した」人として描かれた[10]。東京に、夫妻は「有隣園」というコミュニティセンターを設立し、子どもたちのためにドラマレッスンや「遊び場」を提供した。ここではまた裁縫、生け花、料理や手芸のコースを母親の会と人々に英語を話す機会同様に提供した[10]。当初は、大森夫妻がクリスチャンである事実や共同教育プログラムが原因で抵抗にあったものの、やがてそれらの障壁を克服していった[10]。1913年に夫・兵蔵は死去するが、安仁子は日本での「遊び場運動」の指導者となり、「有隣園」の経営を続けた[11]。

彼女は1920年に『Diaries of Court Ladies of Old Japan』(「古き日本の宮廷女性の日記」の意)[12] を出版した。この本は、『紫式部日記』、『和泉式部日記』、『更級日記』の翻訳を併せたものであった。この翻訳にはエイミー・ローウェルによる序文が付けられた。これより新しい翻訳は1982年の w:Richard Bowringによるものである[13]。1922年に日本国籍を取得した[14]。

彼女は関東大震災での奉仕活動で日本政府から表彰された[3]。彼女は第二次世界大戦の最中の1941年に没した[1]。夫・兵蔵と共に多磨霊園に葬られた[1]。
引用元:大森安仁子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E5%AE%89%E4%BB%81%E5%AD%90

大谷 武一(おおたに ぶいち、1887年(明治20年)5月14日 – 1966年(昭和41年)1月29日)は、大正から昭和期の日本の学校体育指導者。ラジオ体操の考案者の1人[1]。ソフトボール競技、ハンドボール競技をアメリカから紹介[1]。また、それまで「デッドボール」と呼ばれていた競技を「ドッジボール」に改名、主に学校体育において普及に努めた。ウェイトリフティング競技の普及にも寄与した。日本体育指導者連盟元会長。東京教育大学体育学部初代学部長。兵庫県加西市出身。
引用元:大谷武一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%AD%A6%E4%B8%80