投手と野手 投手「西勇輝Bs」「大嶺祐太M」「大隣憲司H」 野手「糸井嘉男F」「聖澤諒E」

052nHcdDwENRN

投手野手
西勇輝
糸井嘉男
大嶺祐太
聖澤諒
大隣憲司

西 勇輝(にし ゆうき、1990年11月10日 – )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)。愛称は「西のユウちゃん」。
>三重県三重郡菰野町出身。三重県立菰野高等学校では2年生の時からエースとして活躍。2年の夏の三重県大会は決勝まで進み、三重県立宇治山田商業高等学校と決勝で対戦するが中井大介にバックスクリーンへ本塁打を打たれるなど4失点し敗北。3年夏は再び県大会決勝で宇治山田商業と対戦、5-2で勝利して第90回全国高等学校野球選手権記念大会に出場を決めた。
2008年度ドラフト会議でオリックスから3位で指名を受け入団した。
引用元: 西勇輝 – Wikipedia.

糸井 嘉男(いとい よしお、1981年7月31日 – )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(外野手)。愛称は「よっぴ」。
>投手としては伸び悩んだが打撃センスと50m5秒台の俊足と強肩は注目されていたため、高田繁ゼネラルマネージャーに野手としての素材を見込まれ、2006年4月25日付で正式に外野手に転向した。
引用元: 糸井嘉男 – Wikipedia.

大嶺 祐太(おおみね ゆうた、1988年6月16日 – )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。愛称は「ゆうた」。血液型はA型。同じく千葉ロッテマリーンズに所属する大嶺翔太は実弟。
>2006年春(選抜大会)・夏(選手権大会)の甲子園連続出場を果たし、八重山商工の快進撃の原動力となった。特に、春の大会では17奪三振を記録している。夏の甲子園では大会最速151km/hのストレートを記録している。打線ではクリーンナップの5番打者におかれ、打撃面でも期待されていた。
>投手が背番号1を付けるのは、球団としては1981年の愛甲猛以来の事であり、プロ野球全体では谷中真二(阪神タイガース)以来。
引用元: 大嶺祐太 – Wikipedia.

聖澤 諒(ひじりさわ りょう、1985年11月3日 – )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(外野手)。
>國學院大學に進学し硬式野球部に入部。2年春からレギュラーに定着する。3年春に東都二部リーグで優勝し、一部昇格を果たした。同年秋のリーグ戦終了後、後に楽天でもチームメイトとなる嶋基宏の後を継ぎ主将となる。
>2007年の大学生・社会人ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから4巡目指名を受け、入団。背番号は「23」。
引用元: 聖澤諒 – Wikipedia.

大隣 憲司(おおとなり けんじ、1984年11月19日 – )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。
>2003年、近畿大学に進学し、2年春にデビュー[1]。2005年の全日本大学選手権で1試合19奪三振の大会記録をマーク[1]。チームは準優勝に終わったが、自身は自責点0で最優秀防御率と特別賞を受賞した[1]。2006年にも同大会で4強入りの原動力となった[1]。
>2006年の大学生・社会人ドラフトにおいて最大の目玉とされ、一時は広島以外の11球団が獲得に名乗りを挙げるほどの激しい争奪戦の末、希望入団枠で福岡ソフトバンクホークスに入団した。背番号は阪神時代の江夏と同じ28で、これは巨人に入団したライバルの金刃とも同じである。また、前身の京都商業から京都学園になってから初のプロ野球選手となった。
引用元: 大隣憲司 – Wikipedia.