【パワー】スクワット、ベンチプレス、デッドリフト【ウェイト】スナッチ、クリーンアンドジャーク

次のうち
パワーリフティングの
種目にあるものを
全て選びなさい
ボディプレス
デッドリフト(答)
ジャーク
ベンチプレス(答)
ダンベル
クリーン
スクワット(答)
30%

筋肉トレーニングに使用する
バーベルで、バーからプレート
が滑り落ちないように固定する
器具のことを何という?
バカラー
クッドマ
カラー(答)

パワーリフティング
power lifting

ウエイトリフティングと同様にバーベルを利用した,筋力向上を目的に考案されたトレーニングの一種。欧米では 1946年から,また日本では 1947年から競技としても行なわれるようになった。種目は,スクワット (バーベルを肩にかついで立ち,しゃがんでまた立ち上がる) ,ベンチプレス (ベンチに仰臥して両手でバーベルを胸の上に押し上げる) ,デッドリフト (床上のバーベルを両手で腰まで持ち上げて直立する) の三つで,その合計重量を競う。 1971年から世界選手権大会が開かれている。体重階級制で 11階級に分かれている。 1979年からは女子の世界選手権大会 (10階級) も行なわれるようになった。
引用元:パワーリフティングとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-117792

重量挙げ(じゅうりょうあげ)は、バーベルを両手で頭上に持ち上げて、その重さを競うスポーツ。ウエイトリフティング(Weightlifting)とも呼ばれる。

概要
体重別に階級分けされており同じ階級内で記録を競う、種目は「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」の二つがあり、それぞれ3回ずつの試技を行い、各種目の最高挙上重量の合計(トータル重量)で順位を決める。ただし、いずれかの種目、もしくはどちらの種目でも3回連続で失敗するとトータル記録は0kgとなり、失格となる。試技には制限時間があり、基本的には1分、高校生の大会では30秒であることが多い。制限時間以内にバーベルを膝より上に離床できないとその試技は失敗になる。しかし、制限時間が数秒であったり残り少ない場合はタイムキーパーと呼ばれる審判の判断で、膝を通過していなくてもバーベルが床を離床した瞬間に制限時間を止める場合もある。トータル重量のみを争うオリンピックなどでは、スナッチ競技で失格になるとクリーン&ジャーク競技には参加できない。
引用元:重量挙げ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E9%87%8F%E6%8C%99%E3%81%92