【日本代表の下に】ジュニア・ジャパン

2012年4月に初めて編成された
次代のラグビー日本代表候補
によるチームは「◯◯◯◯・
ジャパン」? ◯を答えなさい
ジュニア(答)
21%

次のラグビー日本代表の
選手と出身国の
正しい組み合わせを選びなさい
ホラニ龍コリニアシ───トンガ
松島幸太朗───南アフリカ共和国
マレ・サウ───ニュージーランド
26%

140LrQByzO
次のラグビー選手を
日本代表のキャップ数が
多い順に選びなさい
大野均
小野澤宏時
元木由記雄

CIMG7055JLqTFokGI93S
ラグビーで、ナショナルチーム
同士による国際試合のことを
「◯◯◯マッチ」という?
◯を答えなさい
テスト(答)
「テストマッチ」

CIMG0294fbJwllVPBOQF
ハーフウェーライン
ゴールライン
22mライン
デッドボールライン
テニス
ラクロス
バドミントン
ラグビー(答)
引用元:【南ア】松島幸太朗【NZ】マレ・サウ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/49547/

 20歳前後の選手で編成されたジュニア・ジャパンが、フィジー、トンガ、サモアの将来のスター候補たちと競った「ワールドラグビー パシフィック・チャレンジ 2019」を、2勝1敗の2位で終えた。
 フィジーの首都スバで開催されたこの大会。オープニングゲームでサモアAに快勝したあと、大会4連覇を遂げることとなるフィジー・ウォリアーズには完敗したものの、3月16日におこなわれた最終戦ではトンガAを39-10で倒し、勝利締めとなった。
引用元:【ラグビー】ジュニア・ジャパンはトンガAにも快勝! パシフィック・チャレンジ2位(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)) – Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00010001-rugbyrp-spo

ワールドラグビーは、個々の選手の代表資格の有無を明確にするため、傘下の各協会に「そのすぐ下のシニアの15人制代表チーム」の名前を届け出ることを義務づけている[2]。ほとんどの協会は国・地域の名に「A」を付けたものを届け出ているが、ニュージーランドラグビー協会は2005年から「ジュニア・オールブラックス (Junior All Blacks)」を、イングランドラグビー協会は2006年から「イングランド・サクソンズ (England Saxons)」をチーム名とすることを届け出ている。なお、ジュニア・オールブラックスは、過去に日本代表などとともにパシフィック・ネイションズ・カップに参加していた。A代表はフル代表と同じく年齢制限は無い。年齢別代表であるU20代表をA代表として届け出ている例もあったが、2018年からU20代表をA代表とすることは禁止された[3]。

日本代表の下にはジュニア・ジャパンが存在する[4]。国内シーズン終了後に発表される代表候補のうち、主にフル代表に参加しない選手により結成される。
引用元:A代表 (ラグビー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/A%E4%BB%A3%E8%A1%A8_(%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC)