【南ア】松島幸太朗【NZ】マレ・サウ

次のラグビー日本代表の
選手と出身国の
正しい組み合わせを選びなさい
ホラニ龍コリニアシ───トンガ
松島幸太朗───南アフリカ共和国
マレ・サウ───ニュージーランド
26%

140LrQByzO
次のラグビー選手を
日本代表のキャップ数が
多い順に選びなさい
大野均
小野澤宏時
元木由記雄

CIMG7055JLqTFokGI93S
ラグビーで、ナショナルチーム
同士による国際試合のことを
「◯◯◯マッチ」という?
◯を答えなさい
テスト(答)
「テストマッチ」

CIMG0294fbJwllVPBOQF
ハーフウェーライン
ゴールライン
22mライン
デッドボールライン
テニス
ラクロス
バドミントン
ラグビー(答)
SXyNctE
引用元:field.gif (586×805) https://www.rugby-japan.jp/laws/laws_of_the_game/img/field.gif

CIMG9088ybSmBofEAlim
次のラグビーのポジションを
示した図と、その中で赤く
塗られているポジションの名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像───センター(右センター)
Bの画像───フルバック
Cの画像───ウイング(右ウイング)
ラグビーのポジション図-02
引用元: ファイル:ラグビーのポジション図-02.png – Wikipedia

ホラニ 龍コリニアシ(Holani Ryu Koriniasi、1981年10月25日 – )は、トンガ出身のラグビー選手。旧名「コリニアシ・ホラニ」。

プロフィール
ポジションはナンバーエイト(No8)、フランカー(FL)。
身長187cm、体重100kg
日本代表キャップは45。(2015年10月現在)
ニックネームはコリー、こっさん。
伯父は元日本代表のノフォムリ・タウモエフォラウ[1]。
ラグビーは日本に来てから始めたということもあり「僕は自分が外国人だとは思っていない。日本でここまで成長したから」と述べている[2]。
弟は同じくパナソニック ワイルドナイツに所属するホラニ龍シオアペラトゥー。
2007年に日本国籍を取得。その際に名乗った「龍」は母の名「リウメイ」と、早逝した埼工大深谷高時代の友人の戒名「青龍由心」にちなむ。[3]。
引用元:ホラニ龍コリニアシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%8B%E9%BE%8D%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B7

松島 幸太朗(まつしま こうたろう、1993年2月26日 – )は、南アフリカ共和国(以下、南アフリカ)出身の日本のラグビー選手。

プロフィール
南アフリカ共和国のプレトリア出身。
ポジションはセンター(CTB)、ウィング(WTB)、フルバック(FB)。
身長 178cm、体重 88kg
日本代表キャップは30。(2018年6月現在)
ニックネームはマツ、まっちゃん。
来歴
父親はジンバブエ人、母親が日本人である[1]。

父親は経済記事を書く新聞記者であり、家族では誰もラグビーをプレーしていなかった[2]。

6歳のとき、南アフリカでラグビーを開始[3]。

中学2年のとき、ワセダクラブに加入して本格的に日本で活動。

桐蔭学園高等学校時代、第89回全国高等学校ラグビーフットボール大会決勝で、東福岡高等学校に敗れたものの準優勝に貢献。翌年度の第90回の同大会では、東福岡高等学校と31-31の同点による両校優勝に貢献した。なお桐蔭学園高校時代、高校日本代表に選ばれたことがある[4]。
引用元:松島幸太朗 (ラグビー選手) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E5%B9%B8%E5%A4%AA%E6%9C%97_(%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B)

マレ・サウ(Male Sa’u、1987年10月13日 – )は、ニュージーランドオークランド出身の日本のラグビー選手。

プロフィール
ポジションはセンター(CTB)及びスタンドオフ(SO)。
身長 183cm、体重 97kg
日本代表キャップは27。(2016年6月現在)
U20ニュージーランド代表に選ばれたことがある。
ニックネームはマレ、メールマン。

来歴
タンガロア高校卒業後、20歳のときに、ヤマハ発動機ジュビロに加入。ニュージーランド出身であるが、両親がサモア人[1]であることから、当初はサモア代表入りが有力視され、同代表のスコッド(代表候補)入りも果たしていた[2]が、日本でのプレー6年目にあたる2013年、日本代表に選出され、同年4月20日のアジア5カ国対抗における対フィリピン戦が初キャップ試合[3]となった。
引用元:マレ・サウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A6