【走高跳】両足不可

陸上競技の走り高跳びは
必ず片足で踏み切らなければ
ならない
◯(答)
52%

CIMG9004obuKXIzOWlFF
陸上競技の三段跳びで
ホップを右足で踏み切ったなら
ステップも右足で行う
◯(答)
引用元:三段跳びWR「ジョナサン・エドワーズ」走高跳「ハビエル・ソトマヨル」走幅跳「マイク・パウエル」 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/25461/

第182条 走 高 跳
競技会
1. 競技者は片足で踏み切らなければならない。
引用元:1912.pdf https://www.jaaf.or.jp/pdf/about/rule/1912.pdf
引用元:ルール・ハンドブック:日本陸上競技連盟公式サイト https://www.jaaf.or.jp/about/rule/

走高跳(はしりたかとび)は、陸上競技の跳躍競技に属する種目で、助走をつけて片足で踏み切り、飛び越えるバーの高さを競う競技。古代オリンピックの頃から行われている代表的な陸上競技の一つである[1]。

陸上競技における正しい表記は走高跳であるが、学校教育や新聞記事など陸上競技関係者以外が多く関わる場面では走り高跳びと表記されることもある。俗称はハイジャンプ(英語における名称”High Jump”から)。

ルール
競技者が4人以上の場合、試技開始の合図があってから、30秒以内に試技を行わなければならない。
競技者が2-3人の場合、1分30秒となる。
競技者が最後の1人の場合、3分となる。
競技者が2人以上の場合、同一競技者が同一の高さを連続して試技を行う場合、2分となる。
混成競技の場合、競技者が4人以上の場合、試技開始の合図があってから、60秒以内に試技を行わなければならない。
競技者が2-3人の場合、1分30秒となる。
競技者が最後の1人の場合、2分となる。
競技者が2人以上の場合、同一競技者が連続して試技を行う場合、2分となる。高さが変わっても適用される。
助走の目安となるマーカーを2個まで置ける。
主催者側がマーカーを用意していない場合、選手側が用意した粘着テープなどを使うことができるが、チョークやその類似品、消えないマーカーは使用できない。
片足で踏み切らなければならない。
引用元:走高跳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E9%AB%98%E8%B7%B3