【平成最後のCH】梅野隆太郎

2019年4月にサイクルヒット
を達成した阪神タイガースの
選手は◯◯隆太郎?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
うめの
-%
梅野隆太郎

梅野 隆太郎(うめの りゅうたろう、1991年6月17日 – )は、阪神タイガースに所属する福岡県那珂川市出身のプロ野球選手(捕手)。愛称は「梅ちゃん」[2]。

2019年4月9日の対DeNA戦(甲子園)で、三塁打(第1打席)→単打(第2打席)→本塁打(第4打席)→二塁打(第5打席)の順に安打を放ったことによって、自身初のサイクル安打を達成した[71]。NPB史上69人目、捕手としての出場選手では4人目[注 4]、阪神の選手では6人目の達成[72]。これ以降翌月1日の改元(平成→令和)までにサイクル安打が記録されなかったため、梅野は「平成最後のサイクル安打達成者」となった。
引用元:梅野隆太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E9%87%8E%E9%9A%86%E5%A4%AA%E9%83%8E

概要
もともとは、「単打、二塁打、三塁打、本塁打の順で安打を打つこと」がサイクル安打と呼ばれていた。現在ではその順で記録したものは「ナチュラル・サイクルヒット」、逆に本塁打から順に記録したものは「リバースサイクルヒット」[2][3]と呼ばれ、順番無関係で成立した単なるサイクル安打とは区別されている。

日本プロ野球界では、1948年10月2日に藤村富美男が最初に達成したが、これは後日認定されたものである。当時の日本で「サイクル安打」の概念はなく、17年後の1965年7月16日にダリル・スペンサーがサイクル安打を達成した際、スペンサーが自ら記者に「なぜ自分に質問をしてこないのか。これはサイクル安打といって、とんでもない記録なんだ」と言ったのがきっかけで遡って記録が調べられ、藤村が日本での最初の達成者であることが判明した。また、藤村は1950年に2度目を記録しており、複数回のサイクル安打を記録した最初の選手にもなっている(その後、松永浩美、ロバート・ローズ、福留孝介も記録)。
引用元:サイクル安打 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E5%AE%89%E6%89%93

サイクル安打
引用元:サイクル安打 | 各種記録達成者一覧 | 達成記録 | NPB.jp 日本野球機構 http://npb.jp/history/alltime/cyclehit.html