ロベルト・アロマー

背番号「12」がトロント・
ブルージェイズ史上初の永久欠番
となった、「史上最高の二塁手」
とも呼ばれる元大リーガーは?
トールロマ・ロアベ
ロベルト・アロマー(答)
47%

ロベルト・アロマー・ベラスケス(Roberto Alomar Velázquez , 1968年2月5日 – )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手(二塁手)。右投両打。

父はサンディー・アロマー・シニア、兄はサンディー・アロマー・ジュニア。

通算安打は2724本、ゴールドグラブ賞は二塁手として歴代最多の10度受賞と、攻守に素晴らしい実績を残し、史上最高の二塁手とも言われる。2008年、自身の背番号『12』はブルージェイズのエクセレントナンバー(準永久欠番)として顕彰された[7]。資格取得1年目の2010年での殿堂入りこそならなかった(8票不足、得票率は73.7%)が、2年目の2011年に史上3番目に多い得票数を獲得して(583票、得票率は90.0%)、見事に殿堂入りを果たした。 また、殿堂入りを記念し、同年7月には古巣ブルージェイズはアロマーのエクセレントナンバーであった『12』を正式に永久欠番に指定した。
引用元:ロベルト・アロマー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%BC