宇野昌磨、金博洋、ヴィンセント・ジョウ

次の選手を、2019年の
フィギュアスケート
四大陸選手権男子シングルスで
成績が良かった順に選びなさい
宇野昌磨
金博洋
ヴィンセント・ジョウ
19%

<フィギュアスケート:4大陸選手権>◇9日(日本時間10日)◇カリフォルニア州アナハイム◇男子フリー

SP4位の宇野昌磨(21=トヨタ自動車)がフリー197・36点の合計289・12点で逆転初優勝。同フリーの得点は、ルール改正後では羽生結弦の190・43点を上回る世界最高得点。田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)はフリー167.61点、総合251.54点で7位。初出場の友野一希(20=同大)はフリー132.25点、206.41点で12位。

順位 選手 合計 SP FS
1 宇野昌磨 289.12 91.76 197.36
2 金博洋 273.51 92.17 181.34
3 ビンセント・ゾウ 272.22 100.18 172.04
4 キーガン 267.61 88.18 179.43
5 ジェイソン・ブラウン 258.89 86.57 172.32
6 車俊煥 255.83 97.33 158.50
7 田中刑事 251.54 83.93 167.61
8 樋渡知樹 236.79 76.95 159.84
引用元:宇野昌磨が羽生超えフリーで逆転初V/4大陸詳細 – スポーツライブ速報 : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/sports/news/201902090000083.html

宇野 昌磨(うの しょうま、1997年12月17日 – )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。愛知県名古屋市出身。トヨタ自動車所属[2]。中京大学スポーツ科学部在学中。

主要な戦績として、2018年平昌オリンピック銀メダリスト、2017年・2018年世界選手権銀メダリスト、2017年・2018年グランプリファイナル2位、2019年四大陸選手権優勝、全日本選手権3連覇(2016年-2018年)など。

ISU公認大会において史上初の4回転フリップを成功させたとして、ギネス記録に認定された(2016年10月1日)

世界フィギュアスケート連盟の世界ランキングでは、2018年9月19日更新分よりランキング1位を継続している(2018年12月現在)[3]。
引用元:宇野昌磨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%87%8E%E6%98%8C%E7%A3%A8

金 博洋(きん はくよう、中国語: 金 博洋 /tɕin⁵⁵ pu̯ɔ³⁵ iaŋ¹³/ Jīn Bóyáng キン・ボーヤン(キンボーヤン)、英語: Boyang Jin ボーヤン・ジン、1997年10月3日 – )は、中国出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

2016年四大陸フィギュアスケート選手権において、ISU公式戦で初めて1つのフリースケーティングで4度の4回転ジャンプ(4Lz、4S、4T-2T、4T)を成功させた選手である。

2016年、2017年世界選手権3位。2018年四大陸選手権1位。
引用元:金博洋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%8D%9A%E6%B4%8B

ヴィンセント・ジョウ(英語: Vincent Zhou、中国語: 周知方、2000年10月25日 – )は、アメリカ合衆国、サンノゼ出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。2019年四大陸選手権 銅メダル、2017年世界ジュニア選手権 優勝。2018年CSタリントロフィー 銀メダル。
引用元:ヴィンセント・ジョウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6