【甲子園優勝】松坂大輔、田中将大、斎藤佑樹、福井優也、正田樹、西村健太朗

次のプロ野球選手を
高校野球の春夏の甲子園大会で
全国優勝したことがあるか否かで
グループ分けしなさい
【ある】松坂大輔(横浜高校1998春夏)、斎藤佑樹(早稲田実業2006夏)
【ない】菊池雄星、ダルビッシュ有
63%

次のプロ野球選手を
高校野球の春夏の甲子園大会で
全国優勝したことがあるか否かで
グループ分けしなさい
【ある】渡辺智男(伊野商業1985春)
【ない】小松辰雄、牛島和彦


次のプロ野球選手を
高校野球の春夏の甲子園大会で
全国優勝したことがあるか否かで
グループ分けしなさい
【ある】福井優也(済美高校2004春)、正田樹(桐生第一1999夏)、西村健太朗(広陵2003春)、田中将大(駒大苫小牧2005夏)、橋本清(PL学園1987春夏)
【ない】涌井秀章、和田毅、ダルビッシュ有、前田健太、江川卓

松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 – )は、東京都江東区出身[2](出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

1998年の第70回選抜高等学校野球大会では完成度の高い投球と小山、後藤武敏、小池正晃らチームメイトの活躍で他校を寄せ付けず優勝。最後の夏となった第80回全国高等学校野球選手権大会では、準々決勝で上重聡(後に日本テレビアナウンサー)や大西宏明や平石洋介や2年生田中一徳を擁する(春の準決勝で破った)PL学園高校に延長17回という長丁場の試合に250球を投げ完投勝利。翌日の準決勝、寺本四郎擁する明徳義塾戦でも1イニングに登板し、逆転劇を呼び込む。

決勝の京都成章戦では嶋清一以来59年ぶり史上2人目となる決勝戦でのノーヒットノーランを達成(この大会では杉内俊哉もノーヒットノーランを達成しており、1大会で複数のノーヒットノーラン投手を輩出した史上稀に見る事例であった)。圧倒的な活躍で春・夏連覇を達成した。
引用元:松坂大輔 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%9D%82%E5%A4%A7%E8%BC%94

斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 – )は、群馬県太田市出身[1]のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。

2006年
選抜2回戦で関西高等学校を引き分け再試合の末勝利、準々決勝で横浜高校に敗退。同年夏(3年時)の西東京大会決勝で日大三高と3度目の対戦となり延長戦の末サヨナラ勝ち[7]。

甲子園では、2回戦の大阪桐蔭戦で、プロ入り後にチームメイトとなる中田翔に4打数無安打3三振。決勝で、駒大苫小牧のエース田中将大との投手戦になり、延長15回でも決着がつかず、引き分け再試合[8]。翌日の再試合で先発を志願し4連投、最後は田中を三振に打ち取って13奪三振、早実は夏の甲子園で初優勝する[9]。この大会での投球回69、投球数948はどちらも一大会における記録としては史上最多、一大会における奪三振78は、1958年の板東英二(徳島商業高校)の83個に次いで歴代2位となった。
引用元:斎藤佑樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E4%BD%91%E6%A8%B9

菊池 雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日 – )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLB・シアトル・マリナーズ所属。

妻はフリーアナウンサーの深津瑠美[2]。マネジメント契約はホリプロ。交渉代理人はスコット・ボラス。

3年春、秋の試合内容が高く評価され、東北大会で準優勝の一関学院を逆転する形で[7]第81回選抜高等学校野球大会に出場。初戦の北海道鵡川高等学校戦では最速152km/hを記録、9回1死まで無安打の投球で2安打完封[8]。2回戦明豊高等学校戦では9安打を浴びたが、勝負どころでは凄みを見せ2試合連続の完封[8]。準々決勝・山口県立南陽工業高等学校戦ではビハインドの状況でリリーフ登板、4回無失点で逆転勝利[9]。準決勝・宮城県利府高等学校戦では2点本塁打を浴び初失点を喫したが5安打2失点完投[10]、岩手県勢として春夏通じて初の決勝進出を決めた。決勝では、長崎県立清峰高等学校の今村猛との投手戦になるも0対1で敗れ、岩手県勢初の優勝とはならなかった[11]。
3年夏は春に続き第91回全国高等学校野球選手権大会に出場[12]。春の選抜決勝で花巻東と戦った清峰高校は、長崎大会準々決勝で大瀬良大地を擁する長崎日本大学高等学校に敗れていたが、夏の大会1回戦では清峰を破った長崎日大と当たり、3本塁打を打たれながらも8対5で勝利。夏の大会は後述の背中の痛みを隠しながら登板を続けていた。岩手県勢では夏の甲子園41年ぶりのベスト8進出を決めた東北高等学校戦では自己最速となる154km/hをマーク(甲子園の電光掲示板には154km/hと表示、千葉ロッテマリーンズスカウトのスピードガンでは155km/hを計時)[13]。準々決勝では今宮健太を擁する明豊高等学校と当たり、4回までパーフェクトと好投を見せ、7対6で勝利するも、腰痛を訴え5回にベンチに退いた[14]。準決勝の中京大学附属中京高等学校戦では背筋痛のため先発せず、4回2死満塁から登板するも打ち込まれ、わずか11球でマウンドを降板、1対11で敗れた[15]。菊池はその後の精密検査で、左の5本目の肋骨が折れていたことが判明した[16]。
引用元:菊池雄星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E6%B1%A0%E9%9B%84%E6%98%9F

ダルビッシュ 有(ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・有(ダルビッシュ セファット ファリード ゆう、英語: Sefat Farid Yu Darvish[2])、1986年8月16日 – )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・シカゴ・カブス所属。愛称はユウさん[3]。全世界独占的マネジメント窓口はエイベックス[4]。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。
現在の妻は元女子レスリング選手の山本聖子。

甲子園には2年春夏、3年春夏と4度出場。2年春は開会式後、女性に握手を求められた際強く引っ張られ右棘下筋痛で全治2週間と診断される[18]も、3月26日の静岡県立浜名高等学校戦で、完投勝利(2対1)を果たす[9]。結果3回戦で花咲徳栄に敗退。2年夏は1回戦で腰を痛めるもの[19]の決勝進出。決勝で坂克彦を擁する常総学院に敗れて準優勝。東北勢初優勝とはならなかった[9]。大会後に野球部キャプテンに就任[20]。主将として臨んだ10月の東北大会は2連覇を果たす[9]。3年春では1回戦で熊本工相手に大会史上12度目・10年ぶりとなるノーヒットノーランを達成する[21][22]。しかし2回戦を前に今度は右肩を痛め、準々決勝に登板せず敗北[23]。夏の県大会決勝にて宮城県利府高等学校を20対1で下し優勝、4季連続で甲子園出場を果たした。最後の夏の甲子園では1回戦から2試合連続完封[24]。3回戦でも千葉経大附相手に8回まで無失点に抑えるも、今大会通算27イニング目となる9回に初失点を喫し、その後延長戦の末敗戦。自身が最後の打者となった[25]。
引用元:ダルビッシュ有 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E6%9C%89