【111m】ショートトラック

スピードスケートの
ショートトラックで
1周の距離は何メートル?
122.23メートル
133.34メートル
111.12メートル(答)
144.45メートル
22%

タイピング
スケートリンクをお湯で溶かしキレイにする機械を
ある会社の名前から◯◯◯◯◯という?
◯を答えなさい
ザンボニー(答)

ショートトラックスピードスケートはインドアリンクの普及につれ盛んになり、日本では東京、名古屋、大阪など大都市を中心に競技人口が増えました。

かつて日本のお家芸と言われたショートトラック競技ですが、最近では中国・韓国の選手をはじめ各国選手がレベルを上げ白熱したレースを展開しています。冬季オリンピックでは1992年の第16回アルベールビル大会から正式種目として採用されました。

Photo:寺尾 悟
Photo:寺尾 悟

競技方法
レースは原則として4人(500m、1000m)および6人(1500m)が同時にスタートして、予選、準々決勝、準決勝と各組上位2人(または必要数)が次のラウンドに進出する勝ち抜き方法で行われます。

トラックは1週111.12m(直線:28.85m、カーブの半径:8m) 以前は100m、125mトラックなど、国によって形も異なる時期もありましたが、その後現在の形に統一されました。

レース中の追い越しはいつでもどこでもOKですが、前の選手を押す、あるいは引っ張るなどの妨害行為をすると失格になり、次のラウンドには進めません。(原則的には追い抜く側に責任があります)

フィニッシュはスリットカメラでブレードの先端を1/1000秒まで計測するので最後の粘りが雌雄を決します。
引用元:ショートトラック:競技のルール | 公益財団法人 日本スケート連盟 – Japan Skating Federation https://skatingjapan.or.jp/short/rule.html

整氷車(せいひょうしゃ、英: Ice resurfacer, Ice-finishing machine)は、アイスホッケーやフィギュアスケートなどの競技で使用するリンクに張られた氷の表面を滑らかにするための特殊な車両である。元は1949年にアメリカ合衆国ユタ州で生まれたフランク・J・ザンボニー(Frank Joseph Zamboni, Jr.、1901年1月16日 – 1988年7月27日)が発明したとされる。

整氷車の製造メーカーは複数あるが、なかでもザンボニー社が大きな成功を収めたことから、同社の登録商標である「Zamboni」が慣用的に整氷車全般を表す普通名詞として使われることも多い。

アイスホッケーやフィギュアスケートなど氷上の競技において、スケートの刃によってリンクの氷表面に窪みや溝ができることは止むを得ないことであるが、これを放置すると競技中の事故などにつながりやすい。そこでリンク表面を整備する必要があり整氷車が考案された。

整氷車が登場する前に行われていたリンク整備の手法は、すべて人力によって、まずスクレイパーで表面を掻き、その後ホースで水を撒くといったものであったが、この作業には大変な労力と時間を要した。

ザンボニーの発明した整氷車は、氷表面の整備作業のスピードと質に大きな改善をもたらすとともに、氷上スポーツの人気向上にも貢献したと評価される。
引用元:整氷車 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B4%E6%B0%B7%E8%BB%8A