ブルーノ・メツ 「白い魔術師」と呼ばれたサッカー監督 セネガルをベスト8へ

078PeAyQgmjCa
2002年サッカーW杯でセネガル
代表の監督としてベスト8へと
導き「白い魔術師」と呼ばれた
フランス人指導者は?
ル・ーメブノツ
→ブルーノ・メツ
Bruno Lucas Felix Metsu

ブルーノ・メツ(Bruno Lucas Felix Metsu, 1954年1月28日 – 2013年10月14日)は、フランス・クドケルク=ヴィラージュ出身のサッカー選手、サッカー指導者。
>愛称 白い魔術師 [1]
>選手時代は主に母国・フランスのクラブでキャリアを過ごす。
指導者としては、フランスでキャリアを積んだ後、セネガル代表監督に就任。2002年のワールドカップにおいて、初出場ながらセネガルをベスト8に導いた。
その後は活動の場を中東に移す。2002-2003年シーズンのAFCチャンピオンズリーグでは、UAEのアル・アインFCを率いて初優勝を果たした。
引用元: ブルーノ・メツ – Wikipedia.