ランフランコ・「デットーリ」

2002年に、JRA史上初となる
「2日連続GⅠ勝利」の記録を
残したイタリア人ジョッキーは
ランフランコ・◯◯◯◯◯?
トズルャッ
ーンリチデ
デットーリ(答)
88%

ランフランコ・デットーリ MBE(Lanfranco (Frankie) Dettori MBE、1970年12月15日 -)は、イタリア・ミラノ生まれの騎手。現役の騎手の中で世界トップクラスの騎乗技術を持つともいわれる。英語圏ではフランキー(Frankie)とも呼ばれる。

1994年から10年余りゴドルフィンの専属騎手を勤め、アラブ首長国連邦(UAE)とイギリスを主戦場としている。2019年現在はジョン・ゴスデン厩舎の主戦騎手として活躍しており、ゴドルフィンとの専属契約は打ち切られているが、ゴドルフィンの馬に騎乗する事はある。

日本での活躍
2005年にジャパンカップをアルカセットで勝ち、ジャパンカップ単独最多勝利騎手となった(2017年末現在では武豊が4勝目を挙げたため歴代2位となった)。しかもジャパンカップの3勝は全てがハナ差でのもので、接戦をものにしたその手腕を如実に示している。小島太調教師およびその実子の小島良太調教助手とは親交もあり[1]、来日時にはよく騎乗依頼を受けている。

日本ではジャパンカップをファルブラヴで勝利。しかも前日にはイーグルカフェに騎乗しジャパンカップダートに勝利。同馬はNHKマイルカップを勝利した後低迷し、一時期はマンハッタンカフェの帯同馬に過ぎない状態であった。当時、ジャパンカップでは日本馬が圧倒的に有利のため、有力外国馬でも優勝するどころか掲示板にすら載れない時も多い。そんな中、21世紀に入って外国調教馬を2度も優勝に導いていて、その2度ともが僅差での勝利で、なおかつ東京、中山とそれぞれ違う種類でのコースでの勝利であった。
引用元:ランフランコ・デットーリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA