US,UN,NWF,WWF,UWA,IWGP

次のプロレスのタイトルを
アントニオ猪木が初めて
王座に就いたのが
早い順に選びなさい
USヘビー級王座1966
UNヘビー級王座 1971
NWF世界ヘビー級王座 1975
WWFヘビー級王座 1979
UWAヘビー級王座 1980
IWGPヘビー級王座 1984
35%

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 – )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。参議院院内会派「国民民主党・新緑風会」所属の参議院議員(2期)。本名:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂[3]」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。複数の結婚歴と離婚歴があり、元妻の一人には女優の倍賞美津子がいる。倍賞との間に娘が一人いる。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」[4]。

元WWF(現在のWWE)ヘビー級王者、UWA世界ヘビー級王者、NWFヘビー級王者。プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。政治家としてはスポーツ平和党代表、日本維新の会副幹事長、次世代の党国民運動局長兼参議院政策調査会長、日本を元気にする会最高顧問、同代表などを歴任。

1966年(昭和41年)
10月12日、東京プロレスの旗揚げ戦においてジョニー・バレンタインに勝利。
11月19日、ジョニー・バレンタインを破り、USヘビー級王座を獲得。初のシングル王座戴冠を果たす[15]。以降、バレンタイン、スタン・スタージャック、エディ・グラハムらを相手に防衛戦を行ったが、東京プロレスの崩壊に伴い王座は消滅[15]。

1971年(昭和46年)3月2日、ジョン・トロスを破り、UNヘビー級王座を獲得。以降、フレッド・ブラッシー、ジャック・ブリスコ、フリッツ・フォン・エリック、ディック・マードックを相手に防衛戦を行ったが、日本プロレスからの除名に伴い同年12月13日にタイトルを返上[72]。

1973年(昭和48年)
10月13日、坂口征二と組み、ルー・テーズ&カール・ゴッチと90分3本勝負で対戦、2-1で勝利。
12月10日、ジョニー・パワーズを破り、NWF世界ヘビー級王座獲得。

1979年(昭和54年)
8月26日、プロレス夢のオールスター戦でジャイアント馬場と組み、アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シンと対戦、シンを逆さ押さえ込みに仕留めて勝利。
11月30日、ボブ・バックランドに勝利。日本人初、WWFヘビー級王座獲得(王座はのちに返上)。

1984年(昭和59年)6月14日、第2回IWGP決勝戦で前年優勝したハルク・ホーガンに挑戦、2度の延長戦や長州が乱入するもののリングアウト勝ち。
引用元:アントニオ猪木 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8