【井上隆智穂】モルデビリ【高木虎之介】デ・ラ・ロサ【中野信治】パニス

次のエフワンレーサーを
チームメイトになったことがある
日本人選手ごとに
グループ分けしなさい
【井上隆智穂】ジャンニ・モルビデリ
【高木虎之介】ペドロ・デ・ラ・ロサ
【中野信治】オリビエ・パニス
22%

次のエフワンレーサーを
チームメイトになったことがある
日本人選手ごとに
グループ分けしなさい
【中嶋悟】ジャン・アレジ、ステファノ・モデナ
【鈴木亜久里】ミケーレ・アルボレート
【片山右京】マーク・ブランデル

049ydKtXYu

次のエフワンレーサーを
1990年に所属したチームごとに
グループ分けしなさい
【マクラーレン】アイルトン・セナ
【フェラーリ】アラン・プロスト
【ティレル】中嶋悟、ジャン・アレジ

引用元:「1989年日本GP」鈴木亜久里予選落ち、ナニーニ優勝 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/36106/


元エフワンレーサー
片山右京の元チームメイト
1991年にル・マン24時間で優勝
代役でシューマッハがデビュー
ベルトラン・ガショー(答)
オリビエ・パニス
マーク・ブランデル
アンドレア・デ・チェザリス
33%


エフワンレーサー
妻は元レースクイーンの遠藤賀子
片山右京の元チームメイト
骨折したシューマッハの代役
J・Jレート
ジャン・アレジ
ミカ・サロ(答)
ステファノ・モデナ

連想
エフワンレーサー
中嶋悟の元チームメイト
1987年にブラバムでデビュー
「シャイなイタリアン」
ステファノ・モデナ(答)

連想
エフワンレーサー
中嶋悟の元チームメイト
1995年のカナダGPが唯一の優勝
後藤久美子
ジャン・アレジ(答)

連想
エフワンレーサー
1996年のモナコGPが唯一の優勝
中野信治の元チームメイト
2003~2004年はトヨタに在籍
オリビエ・バニス(答)
引用元:「ベルトラン・ガショー」片山右京の元同僚 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/38371/

井上 隆智穂(いのうえ たかちほ、1963年9月5日 – )は、日本の元フォーミュラ1ドライバーで元レーシングドライバー、実業家。兵庫県神戸市出身。血液型:O型。日本国外では「タキ・イノウエ (Taki Inoue) 」と呼称及び表記されることが多い。

1995年
翌1995年には中堅チームのフットワーク・アロウズに移籍してF1フル参戦した。F1にシーズンフル参戦した日本人レーシングドライバーとしては中嶋悟(1987年)、鈴木亜久里(1989年)、片山右京(1992年)に次ぐ4人目であり、さらに3人とは違い、日本の自動車メーカーからのサポートを全く受けずに参戦を実現したため注目を浴びた(中嶋はホンダ、鈴木はヤマハと無限、片山はヤマハのエンジンを搭載したマシンで参戦している)。しかしその後日本国内でF1中継を担当しているフジテレビジョンは、日本の自動車会社からのサポートを全く受けずに参戦をした井上を、中継や関連番組で多く取り上げることはなかった。

チームメイトはジャンニ・モルビデリとマッシミリアーノ・パピス。チームの慢性的な資金不足によるテスト不足(実際はシーズン中にテストは全く行われなかった)やエンジンパワーに劣るハートエンジンを搭載したマシンの競争力、信頼性の低さにも苦しめられたものの、予選で中段の位置を得ることも多く、予選では3回チームメイトを上回ったが、完走5回、最高位はイタリアGPの8位であった(当時入賞は6位まで)。
引用元:井上隆智穂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E9%9A%86%E6%99%BA%E7%A9%82

ジャンニ・モルビデリ(Gianni Morbidelli, 1968年1月13日 – )は、イタリア・ペーザロ出身のレーシングドライバーである。姓は「モルビデッリ」と表記されることもある。イタリアのオートバイメーカーであるモルビデリ社の御曹司である。身長168cm。

1995年
アロウズのエースに昇格。予選では井上隆智穂よりも常に上位につけ、カナダGPで6位入賞。シーズン途中でマッシミリアーノ・パピスにシートを譲ったものの終盤に復帰、最終戦オーストラリアGPで3位入賞。初の表彰台を記録した。
引用元:ジャンニ・モルビデリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%87%E3%83%AA

高木 虎之介(たかぎ とらのすけ、1974年2月12日 – )は、日本のレーシングドライバー。静岡県静岡市出身。愛称は「虎」「虎之介」など。

1999年
アロウズへ移籍し、ペドロ・デ・ラ・ロサとコンビを組んだ。この年も全てのレースで予選に通過したが、完走は4回で入賞はなし。最高位は開幕戦オーストラリアGPの7位。デ・ラ・ロサも完走4回と、マシンの信頼性にも苦しめられた。チームとしてのベストはオーストラリアGPの6位入賞(デ・ラ・ロサ)。
引用元:高木虎之介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E8%99%8E%E4%B9%8B%E4%BB%8B

ペドロ・マルティネス・デ・ラ・ロサ(Pedro Martínez de la Rosa, 1971年2月24日 – )は、スペイン人のF1ドライバー。フジテレビF1中継でのニックネームは「スパニッシュ侍」[1][2]。数少ない40代F1ドライバーの一人でもある。

1998年、ジョーダンでテストドライバーを務めた後、1999年にアロウズからF1にデビュー。チームメイトはフォーミュラ・ニッポンでのライバルでもあった高木虎之介だった。マシンの戦闘力は低く高木共々苦しい戦いを強いられたが、デ・ラ・ロサはデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPで6位入賞し、同年チーム唯一となる1ポイントを獲得した。
引用元:ペドロ・デ・ラ・ロサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B5

中野 信治(なかの しんじ、1971年 4月1日 – )は、日本のレーシングドライバー。大阪府高槻市出身。

1997年
中野は1996年の日本GP後にリジェのテストに参加し、セッティングや英語力の試験を受けた結果、チェーザレ・フィオリオ監督に認められて1997年のドライバー契約を結んだ。中野はカート時代より無限の支援を受けており、リジェは無限ホンダエンジンを搭載するチームだった。日本人ドライバーとしては中嶋悟(ロータス・ホンダ)に次ぐ良い条件でのF1デビューとなった。

しかし、シーズン開幕前にチームがF1チャンピオンのフランス人ドライバーのアラン・プロスト率いる「プロスト・グランプリ」に移行すると、すでに1998年からプジョーエンジンを搭載することが決まっていたため、中野の立場は微妙なものになった。

チームの力はエースドライバーのオリビエ・パニスに集中し、中野はテストの機会やセッティングの権限を与えられなかった。チームミーティングはフランス語で行われ、パニスは「シンジにも彼が走りやすい環境を作ってやってほしい」と同情したほどだった。負傷欠場したパニスの代役として出場したヤルノ・トゥルーリの活躍の陰にも隠れてしまったが、後半戦はテストも行えるようになり、ハンガリーGPではフェラーリのエディ・アーバインとの激しいバトルを制して6位入賞した。(他にカナダGPでも6位)
引用元:中野信治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E4%BF%A1%E6%B2%BB

オリビエ・ドニ・パニス(Olivier Denis Panis, 1966年9月2日 – )は、フランス出身の元F1ドライバー。フランス語での正しい姓の発音はパニ。

エピソード
プロスト・グランプリ発足の1997年、チームメイトであった中野信治はチーム内で何かと冷遇を受けていた。パニスにとってはライバルでもあるが、さすがにあまりの中野の冷遇振りにチームメイトとして心を痛め、「シンジにも彼が走りやすい環境を作ってやってほしい」と苦言をアラン・プロストに呈した。しかし、最後まで待遇改善は行われず、結局中野がプロスト・グランプリを去ることとなったシリーズ最終戦の終了後、「力になれなくて本当にすまなかった」と、涙ながらに中野に詫びたという。
引用元:オリビエ・パニス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8B%E3%82%B9