【全日本卓球】水谷隼、大島祐哉、張本智和

次の卓球選手を、2019年1月の
全日本選手権の男子シングルス
で成績が良かった順に選びなさい
水谷隼
大島祐哉
張本智和
27%

13年連続の決勝進出となった水谷隼(29=木下グループ)がV10を達成した。

初決勝だった大島祐哉(24=木下グループ)に4-2で勝利。2年ぶりの優勝を果たし、最多優勝記録を更新した。試合後、全日本選手権出場は今大会を最後にすると明言した。

◆水谷隼(みずたに・じゅん)1989年(平元)6月9日、静岡県磐田市生まれ。5歳から父信雄さんが代表を務める豊田町スポーツ少年団で競技を始め、青森山田中-青森山田高-明大。07年全日本選手権シングルスを17歳7カ月で当時、史上最年少制覇。08年北京五輪から3大会連続出場。16年リオ五輪ではシングルスで男女を通じて日本人初のメダル(銅)を獲得し、男子団体でも銀メダルに輝いた。172センチ、63キロ。
引用元:東京五輪狙う水谷隼が全日本V10で幕引きしたワケ – 卓球 : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/sports/news/201901200000874.html

全日本卓球選手権大会(ぜんにほんたっきゅうせんしゅけんたいかい、英: All Japan Table Tennis Championships)は日本卓球協会が主催で毎年1月に東京体育館で行われる、その年度の日本一を決める卓球の大会である。大会は一般・ジュニアの部(高校生以下)のほかに、別開催として、ホープス・カブ・バンビの部(小学生以下)、カデットの部(中学2年生以下)、団体の部、マスターズの部(30歳以上)がそれぞれ開催される。また男子は天皇杯(1948年度大会から)、女子は皇后杯(1951年度大会から)として開催される。

2015年度大会より旧来のセルロイドボールよりプラスチックボールへ変更されたが[4]各社のボール品質のばらつきがあり、試合直前の選手同士のジャンケンで使用球を決める方式ではなく統一球を導入して欲しいという選手の要望を受け、2017年度より本戦では統一球が導入された。初年度は上限ありの入札方式で同一額で並んだ場合は抽選でメーカーを決める方式が採用され、タマスに決定した。[5]

2018年度大会はマルチボールが採用された。
引用元:全日本卓球選手権大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8D%93%E7%90%83%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A