【レッズ】エメルソン【コンサドーレ】ウィル

次のJリーグの歴代得点王を
受賞当時の所属チームごとに
グループ分けしなさい
【レッズ】ワシントン、エメルソン、福田正博
【コンサドーレ】ウィル
【セレッソ】黄善洪
64%

ワシントン・ステカネラ・セルケイラ(Washington Stecanela Cerqueira、1975年4月1日 – )は、ブラジル・連邦直轄区ブラジリア出身の元同国代表の元サッカー選手、政治家。現役時代のポジションはフォワード。

2005年より東京ヴェルディに加入。リーグ戦で22得点を挙げた一方、主将山田卓也からの周りの選手を使うプレーを取り入れてほしいという要求に応じなかった結果、チームはワシントン以外の攻め手を失った[1]。結局、ワシントンが第28節から第33節まで6試合無得点を喫した間、チームは1分5敗で残留争いを勝ちきれず[2] J2に降格。契約非更新により退団し、翌2006年に浦和レッズに加入、26得点を挙げガンバ大阪のマグノ・アウベスと共に得点王に輝き優勝に貢献した。
引用元:ワシントン・ステカネロ・セルケイラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%A9

エメルソンまたはエメルソン・シェイキ(Emerson または Emerson Sheik)こと、マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ(Márcio Passos de Albuquerque, 1978年12月6日 – )は、ブラジルリオデジャネイロ州ノバ・イグアス出身のサッカー選手。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのSCコリンチャンス・パウリスタに所属している。元カタール代表。ポジションはフォワード。後述の通り2018年内で引退予定。

過去に通名であったマルシオ・エメルソン・パッソス (Márcio Emerson Passos) は偽名(理由は後述)。

ラフプレーや独り善がりなプレーが多いことでも知られていたが、2004年に就任したギド・ブッフバルトの下では警告も減少し、30試合で27得点を挙げ浦和では福田正博に続く2人目のJリーグ得点王となり、チームの2ndステージ優勝に貢献した。また、この時期には日本に帰化して日本代表入りするという意思があり本人も「日本で何年もプレーするうちに日本のことが好きになった、日本に帰化して代表でプレーしたいと思っている」と発言するが翌年、多額の報酬に惹かれカタールリーグに移籍した[1]。
引用元:マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%BD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%B1

福田 正博(ふくだ まさひろ、1966年12月27日 – )は、日本の元サッカー選手である。現役時代のポジションは主にFWで、背番号は9番。Jリーグ開幕直前の1989年から引退する2002年まで浦和レッズ(三菱自動車サッカー部)の象徴的存在として活躍し、サポーターには「ミスター・レッズ」、「大将」と呼ばれた。

1995年、ホルガー・オジェックが監督に就任すると福田はそれまでの鬱憤を晴らすかのように実力を発揮。MFのウーベ・バインとのコンビネーションで得点を重ね、日本人選手初のJリーグ得点王となり、チームもサントリーシリーズでは優勝争いに絡むなど3位と成績を向上させる原動力となった。シーズン終了後にはJリーグベストイレブンにも選ばれた。日本代表へも復帰を果たし、2月のダイナスティカップや6月にイングランドで開催されたアンブロ・カップに出場。8月に行われたブラジルとの親善試合では前年のワールドカップ優勝国を相手に得点を記録している。また、同年12月8日にはアジアサッカー連盟の月間最優秀選手に選出されている。
引用元:福田正博 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E6%AD%A3%E5%8D%9A

ウィル・ロブソン・エミリオ・アンドラデ(Will Robson Emilio Andrade、1973年12月15日-)は、ブラジル出身の元プロサッカー選手。ポジションはFW。登録名はウィル (Will) 。

1998年に訪日、大分トリニータで活躍後、2001年、コンサドーレ札幌に期限付き移籍[1]。類まれな得点感覚の鋭さで得点王に輝き、チームのJ1残留に貢献した。
引用元:ウィル・ロブソン・エミリオ・アンドラデ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%96%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%87

黄 善洪(ファン・ソノン、ファン・ソンホン、황선홍、1968年7月14日 – )は、大韓民国出身の同国代表の元サッカー選手。サッカー指導者。ニックネームはファンセ(황새、コウノトリ)。

ボレーシュート、ヘディングなど浮き球に対するダイレクトシュートに優れ、多くのゴールを挙げた。ポストプレーの技術も高かった[1]。日本での登録名は「ファン・ソンホン」。

大学卒業後、ドイツ下部リーグでプロキャリアをスタートさせ、1993年にドラフトで完山ピューマ(現・全北現代モータース)に指名されるが、1対5という異例のトレードで浦項スティーラースに入団。

セレッソ大阪に在籍していた1999年には得点王のタイトルを獲得している。韓国人選手が得点王に輝いたのはJリーグ史上初であり、2015年終了時点でもJ1、J2、J3を含めてこの時の黄ただ一人である。
引用元:黄善洪 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%96%84%E6%B4%AA