【ハイアライ】セスタ

スペイン生まれの球技
ハイアライで、ボールを
取るために手にはめる道具は
◯◯◯? ◯を答えなさい
セスタ(答)
31%

ハイアライ(バスク語: Jai Alai)は、ヨーロッパのバスク地方発祥のスポーツ(球技)。セスタ・プンタ(バスク語: Zesta punta、スペイン語: Cesta punta)とも呼ばれる。

ハイアライとはバスク語で「楽しい祭り」の意であり、セラフィン・バローハによる1875年の造語である。セスタと呼ばれるグローブを右手に装着し、遠心力でボールを加速させてから、壁に向かってボールを投げつける競技である。バスク・ペロータの一種であり、日本ではバスク・ペロータの別名とされることもある。
引用元:ハイアライ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4

ハイアライ
jai alai

スペインのバスク地方に伝わる民族スポーツ「ペロータ・バスカ」という球技の通称。バスク語で「楽しい祭り」という意味。 1900年にキューバに持ち込まれてから西半球にこの名が広まった。三方を壁で囲まれたコートで,30cmほどの木と籐で編んだセスタを用いてボールを壁にバウンドさせながら双方が交互に打ち合って得点を競う。ボールは以前はゴム製であったが,現在はゴムの芯を木綿糸で巻き,皮をかぶせた硬くて弾力に富んだものを使う。ギャンブルスポーツとして興行されることが多い。
引用元:ハイアライとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4-112652