【キセルマラソン】フレッド・「ローツ」

セントルイス五輪のマラソンで
途中で車に乗る「キセル事件」を
起こしたのはフレッド・◯◯◯?
◯を答えなさい
ローツ(答)
28%

085nvcytfPtkQ
絶滅の危機に瀕している
陸にすむ貝類の一種です
カスガコギセル
引用元:カスガコギセル(オカヤマコギセル) 絶滅危惧種の陸生キセル貝 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/4598/

フレデリック・ローツ(Frederick “Fred” Lorz、1884年6月5日 – 1914年2月4日)は、アメリカ合衆国のマラソン選手。第3回夏季オリンピックセントルイス大会のマラソン競技にアメリカ代表として参加し、1着でゴールしたものの不正行為により失格となった。
引用元:フレッド・ローツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%84

第3回セントルイス(1904年)
 大会の呼び物、マラソンで、有名な「キセル事件」が起きた。30度を超える暑さの中、31選手が参加してスタート。先頭でスタジアムを出たフレッド・ローツ(米国)は20キロ過ぎで道端にひっくり返ったが、通りかかった自動車に乗せてもらいスタジアムに向かった。途中でこの車がエンストしたため再び走り始め、トップでゴールしたが、自動車を運転していた男性の証言で、「キセル」が暴露された。
 ローツは「ふざけてやったこと」と釈明したが、非難ごうごう。本来の優勝者トーマス・ヒックス(米国)がゴールしたのは、ローツの1時間後、記録は3時間28分35秒だった。
 第2回パリ大会に続き、万国博覧会の付属大会として行われ、欧州から遠く離れた米国での大会だったことから、英国、フランスなどが参加を見送り。参加国は前回から激減した。
引用元:「キセル・マラソン」発覚:時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/v2?id=20091002olympic_games_history_03

フレッド・ペリー(Fred Perry, 1909年5月18日 – 1995年2月2日[1])は、イングランド・ストックポート出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick John Perry (フレデリック・ジョン・ペリー)という。“イギリスのテニスの神様”として、今なお尊敬を集め続けている名選手である。4大大会でシングルス通算「8勝」を挙げた。1934年から1936年にかけて、地元のウィンブルドン選手権で大会3連覇を達成した。

彼以降永らくイギリス人男子が優勝出来なかったためウィンブルドン現象とまで言われるようになっていた。2013年、アンディ・マリーがウィンブルドンでイギリス人男子として実に77年ぶりの優勝となった。
引用元:フレッド・ペリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%BC