【谷三三五】たにささご【左足上げ】

グリコのゴールインマークの
モデルの一人とされる陸上選手
谷三三五
たにささご(答)
37%

◯×
江崎グリコのトレードマークのゴールインマークで上げてる足は左足である
◯(答)


「暁の超特急」と呼ばれた戦前に活躍した短距離走者です
吉岡隆徳
よしおかたかよし(答)


2012年4月に東京駅八重洲口の
東京駅一番街にオープンした
新名所は「東京おかし◯◯◯」?
◯を答えなさい
ランド(答)
51%
引用元:東京おかしランド https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/42374/

谷 三三五(たに ささご、1894年5月9日 – 1956年7月24日)は、岡山県和気郡伊里村(現在の備前市伊里)出身の日本の陸上競技選手(短距離)。旧姓・真殿。1924年のパリオリンピック代表選手。

現役を引退した後は指導者となり、人見絹枝(アムステルダムオリンピック陸上女子800m2位)、暁の超特急・吉岡隆徳を指導、後年には三重県陸上競技協会理事長などを務めた。
引用元:谷三三五 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E4%B8%89%E4%B8%89%E4%BA%94

道頓堀グリコサイン(どうとんぼりグリコサイン)は、大阪道頓堀の戎橋南西袂に江崎グリコが設置している看板(屋外広告)である。

歴史
初代の広告塔は高さ33mで、1935年に設置された。ランナーやグリコのロゴが6色に変化し、毎分19回点滅する花模様で彩られた。当時のランナーは1923年の極東選手権競技大会で活躍したフィリピンのフォルチュナト・カタロン(英語版)[5]や1924年のパリオリンピック代表選手の金栗四三・谷三三五らを参考にしてデザインされたもの[6]で、やや胴長の体型であった[4]。1943年、鉄材供出のため解体された。
引用元:道頓堀グリコサイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E9%A0%93%E5%A0%80%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3