【バットを持つ形】ベースボールチョーク

手の重ね方が、ある球技の選手が
おこなう動作に似ていることから
名付けられた、倒れている相手に
仕掛ける柔術の技は?
フットボールチョーク
ベースボールチョーク(答)
ドッジボールチョーク
バスケットボールチョーク
37%


次の堆積物が固まってできた
岩石のうち、「砕屑岩」に分類
されるものを全て選びなさい
チョーク
砂岩(答)
火山角礫岩
泥岩(答)
礫岩(答)
42%

一問多答
次の堆積物が固まってできた
岩石のうち、「生物岩」に
分類されるものを
全て選びなさい
チョーク(答)
石灰岩(答)
石炭(答)
引用元:【砕屑岩】礫岩、砂岩、泥岩 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/41519/

ベースボールチョークは柔道、ブラジリアン柔術の絞技片十字絞の一種である。

ニーオンザベリーからベースボールチョークの一種裏十字絞に入らんとするブラジリアン柔術黒帯
柔道界ではバット絞(ばっとじめ)、作新絞(さくしんじめ)と呼ばれ片十字絞(かたじゅうじじめ)に包含されている。海外柔道界やブラジリアン柔術界ではベースボールバットチョーク、野球絞め(やきゅうじめ)とも呼ばれる。

概要
東北大学柔道部に大正14年生、本多穀児によって伝えられた絞技[1]。

野球のバットを持つ(バットのグリップを握る)様な形で相手の頸部を絞める技。

両手で相手の襟を持つ。左手で相手の襟の右側、右手で相手の襟の左側を両腕を交差させずに持つ。片方は順手、もう一方は逆手で持つ。相手に側面や背を向けたり崩上四方固になるなどで両腕を交差させ、片十字絞で絞める。

書籍『寝業の傅統』(三恵社)にはガードポジションからや横四方固で抑え込まれそうになった時のベースボールチョークも掲載されている。 映像作品『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館出版、NHKサービスセンター)では立ち姿勢から身を捨ててのベースボールチョークが取り上げられている。

柔道、ブラジリアン柔術など着衣格闘技で用いられる。
引用元:ベースボールチョーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AF