【琴欧洲】欧州勢初優勝

大相撲で、ヨーロッパ出身の
力士として初めて幕内優勝を
果たしたのは把瑠都凱斗である
×(答)
◯琴欧洲
59%

琴欧洲 勝紀(ことおうしゅう かつのり、1983年2月19日 – )は、旧・ブルガリア人民共和国(現在のブルガリア共和国)ヴェリコ・タルノヴォ州ヴェリコ・タルノヴォ市出身で佐渡ヶ嶽部屋所属の元大相撲力士。本名は安藤(あんどう)カロヤン。ブルガリア国籍時代の本名はカロヤン・ステファノフ・マハリャノフ(ブルガリア語:Калоян Стефанов Махлянов、ラテン文字転写例:Kalojan Stefanov Mahljanov)、愛称はカロヤン。身長202cm、体重157kg、握力120kg、血液型はO型。得意手は右四つ・寄り・上手投げ。最高位は東大関[1]。現在は年寄:15代鳴戸として、鳴戸部屋の師匠を務めている。

ところが、体重を5キロ増やして臨んだ2008年5月場所では初日から絶好調をキープし、8連勝で角番を脱出。さらに11日目、12日目と朝青龍と白鵬の両横綱に寄り切りで勝利し、優勝目前となる[11]。翌13日目は苦手の安美錦に対し一方的に押し出しで敗れてしまったものの、援護射撃で同部屋の先輩大関・琴光喜が白鵬を寄り倒しで破り2差とし、更にその直後には朝青龍が魁皇に上手出し投げで敗れて4敗目を喫したため優勝圏外に去った。そして翌14日目は平静さを取り戻し、安馬(後の横綱・日馬富士)を送り倒しで破り初優勝を決めた[12]。千秋楽の千代大海戦にも寄り切りで勝利し、最終的には14勝1敗の好成績で、ヨーロッパ出身力士として史上初となる自身念願の幕内最高優勝を果たした[1][6][13]。来日していた父とは花道で大泣きして抱き合い、場所後は温泉宿などで久しぶりに一緒の時間を過ごしたという[14]。
引用元:琴欧洲勝紀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%B4%E6%AC%A7%E6%B4%B2%E5%8B%9D%E7%B4%80

把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 – 、本名:カイド・ホーヴェルソン Kaido Höövelson )は、エストニア出身の元大相撲力士。血液型はA型。単に把瑠都またはカタカナでバルトとも表記される。スウェーデン系エストニア人。

「把瑠都 凱斗」は力士時代の四股名であり、「把瑠都」は母国エストニアが面するバルト海から[2]、「凱斗」は本名Kaido(カイド)の音に、日本で素晴らしいものをつかみ母国に「凱旋」してほしいという願いを込めた漢字をあてて、三保ヶ関親方が名づけた。

大相撲力士としては三保ヶ関部屋に入門、その後尾上部屋に所属。史上初のエストニア出身力士。最高位は東大関、得意技は右四つ・左四つ・寄り・投げ・吊りであった。2012年1月場所に初めての幕内最高優勝を成し遂げ、一時綱獲りに挑んだこともあったが、故障などが響いてその年の11月場所限りで大関から陥落、番付を下げた末に2013年9月場所前に十両の地位で現役引退となった。

引退後はオフィス北野に所属しタレント及び格闘家として活動していたが、政治家を志し2018年に祖国エストニアに帰国している。
引用元:把瑠都凱斗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%8A%E7%91%A0%E9%83%BD%E5%87%B1%E6%96%97